徒然日記

8月23日 その1490『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前の都内、今日も雲の多い朝です。

現在の気温は23度程度。

湿度が高く、外の洗濯ものがスッキリと乾きません。

しかし徐々に雲が減ってくると予想され、
気温も28度程度まで上がるようです。

====

今日は、立秋と白露の間になる、処暑です。

暑さが峠をこえて後退しはじめる頃です。

確かに一時期の攻撃的な暑さではありませんが、
北国育ちの私には、まだまだ厳しさが続きます。

1)太平洋アジア統計研修所(SIAP)
千葉市に国際連合で唯一の統計研修機関があります。

http://www.stat.go.jp/index/kokusai/siap.htm

昨日、このSIAPで、研修コースの開講式があり、
担当大臣政務官として研修所を訪問し、
3つの対応をしています。

====

【SIAP所長との懇談】
現在のSIAPの所長、モンゴル出身の
ダバスーレン・チュルテムジャムさんと、
以下の4点等について約30分近く懇談をしました。


ダバスーレン所長は5年の任期ですが、
新所長が着任されるまで
任期を延長して勤務頂いております。
またこの間も、任務をしっかりと果され、
大きな成果を上げております。
これらのことについて私から
感謝の意を表眼させていただきました。


日本は財政面で厳しい状況にありますが、
SIAPの統計研修の重要性に鑑み、
関連予算の確保に最大限の努力をすることを伝えました


総務省として、
SIAP研修の中での自治体での実地研修を
引き続き支援することを伝えています


SIAPは、国連アジア太平洋経済社会委員会の機関ですが、
国連唯一の統計研修機関として、
世界を対象とするグローバルな
事業展開になることへの期待を伝えました。

ダバスーレン所長は、
理知的で、かつ温かみを感じさせる方で、
貴重な意見交換ができたことに心から感謝しています。

====

【研修開講式での挨拶】

昨日は、世界14か国30名の研修生を対象とする、
4ヶ月間研修の開講式でした。

私から、各国からの研修生への歓迎を含め
次のような挨拶をしています。


3.11大震災支援等へのお礼


公的統計の果たす重要な役割


日本の新統計法の考え方


統計技術の習得のみならず、
日本の統計組織や制度運営のあり方も参考にして欲しいこと


SIAPは開設以来41年で1万2千名に上る卒業生を輩出し、
各国の国家統計局幹部として活躍中。
招請国である日本は、
国連で唯一の統計研修機関であるSIAP事業に対し、
最大限の協力をすること

====

昨日の開講式には、
研修生出身国の大使、公使など駐日代表者も参加され、
日本政府としてSIAPに対し、
大いなる期待をしていることを表明する、
良い機会になったものと感じています。

====

【私が主催する歓迎会への参加】

開講式終了後、私が小宴を主催し、
研修生の皆さんと意見交換をさせて頂きました。

統計をしっかり学ぶという意見があったのは当然ですが、
日本や研修に対する、次のような期待も寄せられました。


日本は分野を問わず素晴らしい国だ


研修所への道のりで迷ってしまったが、
日本人は親切で無事に到着できた


日本の文化に接したい


秋葉原に行くのが楽しみ


休日には色々なところへ行き、
日本の多くの人などと接したい


研修をとおし多くの仲間をつくりたい

====

こうした国連の機関が日本にあることは、
あまり知られていないものと思います。

統計は地味に思われがちな分野ですが、
国家づくりの重要な礎です。

この分野で日本が世界貢献をしていることを、
私も誇りに思っています。

今後、世界の中で、このSIAPの役割が大きくなって、
各国の国づくりにさらに貢献できればと考えています。

====

ダバスーレン・チュルテムジャム所長をはじめ
関係者の皆様に、
改めて心から感謝申し上げます。

2)駐日スウェーデン大使
昨夜、東京のスウェーデン大使館で開催された、
ステファン・ノレーン大使の離任レセプションに参加しました。

ステファン・ノレーン大使は、
2006年に駐日大使に就任されました。

この間、
日本とスウェーデンの自治制度についてのセミナーなどで、
私も大使もお世話になっています。

大使は、一時、帰国されますが、
秋からは東京大学で勤務されるとのことです。

昨夜、私からお世話になったお礼を申し上げたところ、
大使から「また戻ってくるので、またお会いしましょう」との
言葉を頂きました。

会場では、
田中直紀参議院議員から、
スウェーデンとの友好のため
一緒に行動しましょうとの提案を受け
もちろん大いに賛同しています。

====

今日は衆参で委員会、
さらに衆院本会議も予定されています。

そのため朝から答弁打ち合わせとなります。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・8・23 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です