徒然日記

8月26日 その1493『逢坂誠二の徒然日記』



都内は薄雲の広がる朝を迎えました。

雲の切れ間から青空が見えています。

予想最高気温は32度で、
昨日よりも高くなる見込みです。

暑さはまだ続きます。

1)参院総務委員会
昨日、参院総務委員会で、
地域主権2次一括法の質疑が行われました。

・地方債民間資金の協議制から届出制へ
・自治体の寄付禁止既定の廃止
・義務付け廃止と最低基準
・2次一括法施行と自治体事務量増加や財源

主な論点は、このようなポイントだったと思います。

私も質疑のなかで、
もっと大胆に取り組むよう叱咤激励を受けています。

====

昨日は、採決に至りませんでしたが、
今日朝、再度総務委員会がセットされています。

2)フクシマ論を読む
開沼博さんの『フクシマ論』(青土社)を
手元に置きつつ、改めて読み直しています。

私がこの論文のサマリーを綴ることは無理ですが、
しばらくの間、この本に拘ってみたいと考えています。

====

姜尚中さんが、本書の腰巻に書いています。

「原子力ムラという鏡に映し出される
戦後日本の成長神話と服従のメカニズム。
本書の刊行はひとつの奇跡だ。」

====

代表選に向けて、様々な動きがあります。

私は、それらとは距離を置きつつ、
残された国会会期の中で、
仕事の仕上げに専念します。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・8・26 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です