徒然日記

9月7日 その1505『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け間の都内、今日も雲が多めです。

しかし予報では、晴れのようです。

日中の予想最高気温は30度なのですが、
外に出ると、
暑さよりも若干のヒンヤリ感を感じます。

確実に季節が変化しています。

====

台風12号が北海道にも大きな被害をもたらしています。

雨は峠をこしたようですが、
地盤が緩んでおり、
今後も警戒が必要とのことです。

道内各地の状況が心配です。

1)臨時国会
臨時国会の召集日が13日(火)と決まりました。

しかし、会期については、
与野党で調整がついていないようです。

私としては、この臨時国会は閉じないで、
三次補正を急ぐことなどもあり
年末までロングランで行うべきだと考えています。

====

臨時国会以降の、
所属委員会についての希望調査がありました。

私は当然、総務委員会を希望しましたが、
どこに配置になるか、先が全く見えません。

2)再生可能エネルギー
ある方から、
北海道で成功している再生エネルギーの報告会が
東京で開催されるとの連絡を頂きました。

http://kikusada.blogspot.com/2011/09/913.html

地域発の素晴らしい取り組みが、
どんどん出ると良いですね。

昨日は、全国の首長さんから、
今後の地方自治法改正の方向、
地域主権改革の行方、
社会保障と税の一体改革などについて、
問い合わせを頂きました。

本日、総務省において、
これらの案件も含め引継を行う予定です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・9・7 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂さんがいない地域主権改革は大丈夫でしょうか?
    地域では交付税も心配しています
    野田さんは「ゆるやかな政権交代」を目指すようですが
    本家は守ってほしいものです。
    今朝の毎日で、野田さんを「民主党初の保守政権」と長嶋補佐官が述べていますが
    少し心配です。
    全体に配慮した安定感はありそうですが不安は消えません。
    政経塾出身の初総理としてどうふるまうか、松下翁も心配しているのでは・・・。

    これから少し時間が空くと思いますので、北海道内での勉強会に出向いていただけると助かります。
    引き続きのご活躍を期待しております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です