徒然日記

12月14日 その2720『逢坂誠二の徒然日記』(4365)




虚心坦懐。

爽やかな気分で朝を迎えた。

函館の朝は、マイナス7度程度。

終日、氷点下の真冬日となる見込みだ。

今日は、これまでに手つかず、
やり残しの仕事をする予定だ。

今日は、ふたご座流星群の極大日、
さらには、下弦の月だ。

穏やかな気持ちで夜を迎えたいと思う。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・12・14
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂さん、お疲れさまです。
    本日12/14の北海道新聞に逢坂さんのコメントが掲載されていたため、
    一文を引用します。

    「陰で苦しんでいる人、困っている人に手を差し伸べるのが政治の役割だ」

    この2年間で多くの人と話しをしてきたことを感じ取れる内容です。
    穏やかに、この夜を迎えられますように。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です