徒然日記

2月25日 その2793 『逢坂誠二の徒然日記』(4437)




連日、早朝から深夜まで、
フル回転の日々が続いている。

いくらなんでも、
ちょっとペースを上げ過ぎかもしれない。

と言いつつ、今日も朝から深夜まで、
予定がギッシリだ。

1)流出
福島第一原発の放射能汚染水が、
海に流れ出ている。

昨年、一昨年と二度、福島第一原発を訪問したが、
その視察の様子も含めて考えると
現場では、汚染水のコントロールが
できない状態になっているのではないか。

====

22日午前10時ごろ、
福島第一原発の排水路で警報が鳴り、
ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が、
最高で普段の70倍以上に当たる
1リットル当たり7230 ベクレル 検出されたという。

さらにそれが海にそのまま流れたとみられる。
流出量も原因も不明だ。

====

昨日、東電は、
2号機の原子炉建屋屋上の一部に、
高濃度の放射性物質を含む
雨水がたまっているのを確認したと発表。

この雨水は、
海に直接流出していた可能性が高いという。

一昨年秋に福島第一原発を訪問した際に、
こうした敷地内からの汚染水の流出について質問をしたが、
ちゃんと管理されているというのが、
東電の説明だった。

しかし、敷地内の汚染水の
コントロールはされていなかったということだ。

====

福島のような原発事故が発生すれば、
手におえない状況になってしまうのだ。

この現実を私たちは真摯に受け止めて、
将来のことを考えねばならない。

今日も、しっかりと前進します。
============
        2015・2・25
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です