徒然日記

5月15日 その2872 『逢坂誠二の徒然日記』(4516)




憂鬱な朝だ。

昨夕、安倍内閣の手によって、
安全保障法制が閣議決定された。

戦後日本の大きな柱となった
平和主義、立憲主義、国民主権…、
これらがガラガラと音を立てて崩れ始めている。

====

2013年
12月
国家安全保障会議発足

特定秘密保護法成立

2014年
4月
武器輸出の解禁

7月
集団的自衛権行使容認閣議決定

2015年
2月
他国軍への非軍事の政府援助認める

4月
日米防衛協力のガイドライン改定

5月
安全保障法制閣議決定

====

安倍内閣が発足してから、
こんなことが矢継ぎ早に行われている。

戦後日本の平和主義が180度転換する。

この平和主義の転換という
政策変更が仮に必要なものであったとしても、
今回の手続きは完全に間違っている。

現行憲法ではできないとされていることを
内閣の手によって強行することは許されない。

今回の閣議決定は、
日本国憲法に対する下剋上だ。

====

1972年の沖縄返還から43年目の朝、
日本がこんな状態になるとは
思いもよらない現実だ。
============
      2015・5・15
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. お疲れさまです。逢坂さんの今日の日記は、私たち国民の声を代弁していると感じます。
    国民不在のままで進められていった閣議決定。私たちの生活が一体、どうなってしまうのか。
    胸が苦しい、の一言です。

  2. 逢坂さん、お久しぶりです。札幌の竹内です。
    本当にこの国の方向性が間違っていることはわかっているのですが、どう行動すればいいのか思いあぐねています。
    今の政権を憲法違反として訴えることは不可能なのでしょうか。
    気付いた時にはとんでもない国になってしまっているということになることを国民の多くは感じているはずなのに。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。