徒然日記

7月6日 その2924 『逢坂誠二の徒然日記』(4568)



今日の函館は雲が多い。

雨の予報はない。

予想最高気温は21度程度だ。

1)サプライズ
昨朝、函館朝市前で、
来函中の徳永エリ参議院議員とともに
街頭演説を行った。

安倍内閣の安保法制に対する批判の声を数多く頂き、
頑張れとの激励も受けた。

なんとそんな中、
ひょっこりと一水会の鈴木邦男元代表が来られ、
気軽にマイクを握って応援の演説をしてくれた。

====


このままだと自衛隊はアメリカの傭兵になる


自由のない自主憲法よりも、
自由のある押しつけ憲法の方がよい


安倍総理にだけは憲法を改正させてはいけない

====

こんな話を、サクッと気軽にして頂いた。

鈴木さんの演説は、
聞いていた市民の皆さんにとっても
たぶんサプライズだったものと思う。

私自身も、何の打ち合わせも無い突然の登場に驚いたが、
ずっと私のかたわらにいて
一緒に街宣をしていたかのように
気軽にマイクを握ってくれた
鈴木さんの度量に触れ嬉しく感ずる。

====

街宣終了後、鈴木さんは何の高ぶりもなく、
散歩を継続するかのように、
朝市の中に消えていった。

2)逆転
先週末の毎日新聞の世論調査によれば、
安倍内閣の支持率は42%、不支持が43%と
わずか1ポイントではあるが、支持と不支持が逆転した。

安保法制や言論弾圧発言が影響しているのだと思う。

一方、自民党の支持率は必ずしも下がっていないし、
民主党の支持率は上がらない。

つまり安保法制などへの批判的な声は大きいが、
民主党をはじめとする野党が
批判の受け皿になり得ていないということだろう。

単に与党の批判の受け皿になるだけではなく、
本質的に信頼される存在になる必要がある。

ギリシャの国民投票は、
財政緊縮策を拒否する結果となった。

ギリシャとEUとの関係がどうなるのか、
世界経済への影響がどうなるのかなど、
さらに目が離せない。

====

今日も月曜日定例の朝街宣から
屋外での活動を開始する。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・7・6
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です