徒然日記

7月12日 その2930 『逢坂誠二の徒然日記』(4574)



日曜日の朝、今日も函館は
爽やかな青空の広がる朝を迎えた。

1)不安の涙
昨日昼、本町交差点で街宣を行なった。

憲法違反の安保法制を廃案にしようと訴えた。

今の日本に必要なのは、
ホルムズ海峡など遠くの守りではなく、
日本周辺の島々など近くの守りを確実にすること、
近隣諸国との関係を改善すること、それらを訴えた。

強い陽射しの照りつける今年一番の暑さの中、
立ち止まって聞いて下さる方も少なくない。

その中に、2人の子供を抱いた若いお母さんから
「逢坂さん、頑張って」と声援が飛ぶ。

こんな声を発せざるを得ないほど多くの皆さんが、
今の安倍政権の政策に不安を覚えていると強く感ずる。

街宣終了後、このお母さんと
もう一人のご婦人と話しをさせて頂いた。

安倍総理が怖い。

子供たちの将来が心配
と降り絞るように話す。

話しているうちに目が真っ赤になっている。

それほど強い不安を覚えているのだと思う。

====

森町合併10周年記念懇親会でも、
同様の意見が数多く寄せられる。

この法案に賛成する議員は
絶対に応援しないと言う方もいた。

札幌では、弁護士会主催の
安保法制に反対する集会が開かれた。

参加者は六千人を超えたという。

====

安倍総理の強行する安保法制の酷い現実が
多くの人に理解されつつある。

しかしまだ大きなうねりには至っていない。

多分、マスコミの報道が
抑制的になっていることが原因だと思う。

国立競技場の建設費問題に対する批判も強い。

これは結構頻繁に報道されている…、
その影響もあるのだと思う。

いずれにしても安保法制に対する反対の声が
どんどんと広がっている。

今日は早朝5時から会合だ。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・7・12
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。