徒然日記

8月12日 その2961 『逢坂誠二の徒然日記』(4605)



昨夕は、党の次の内閣閣議を終えて、
18時過ぎの新幹線に飛び乗って帰函した。

自宅到着は、午前1時過ぎだ。

来年3月に新幹線が開業すれば、
10時台には自宅に帰ることができる見込みだ。

1)安保法制反対の連続
今日から3日間、安保法制廃案に向け
管内の各地で街宣を実施する。

暑い中だが、安保法制の問題点を
少しでも多くの皆さんに訴え、
廃案に持ち込みたいと思う。

2)委員会流会
昨日の参院の委員会は異常な状態となった。

====

参院の安保法制審議で、
防衛省が法案成立を前提にして
幾つかの準備を進めていたことが判明した。

あたかも法律が成立するのが
当然であるかのようなこの対応を巡って、
最終的には与党の委員長が
委員会の流会を宣言せざるを得ない状態となった。

中谷元防衛大臣が、
この事実を知っていたとすれば完全な国会軽視だし、
知らなければ文民統制が効いておらず
防衛省の暴走といえる。

中谷大臣は何れにしても困った立場に
追い込まれる結果となった。

====

憲法を変更するかのような重大法案にもかかわらず、
国家審議も無視してこうした対応をする政府のあり方は、
常軌を逸している。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・8・12
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。