徒然日記

9月3日 その2983 『逢坂誠二の徒然日記』(4627)



都内は雲の多い朝を迎えた。

地元函館と国会を行ったり来たりする日々だ。

一昨日、帰函し、
昨日、函館から国会に戻っている。

1)原子力特別委員会
本日、急遽、原子力特別委員会が開催される。

開催が決定したのは、昨日の午後だ。

245日間も会期のある今国会で、
これまで(たぶん)3度しか、
実質審議が行われていない。

福島原発の惨状がおさまる見込みがなく
今ぐらい原発に対して
審議や議論が必要な時期はない。

それにも拘わらず委員会が開催されない。

政府与党は、安保法制以外で、
国民から疑問を持たれたり
反発を受けるような議論をしたくないのだという。

こんな姑息なやり口に憤りを覚えるが、
開催されることだけは歓迎したい。

しかし昨日の午後開催が決まって、
開会が今日の午前9時というのは、
あまりにも急すぎる。

====

今日は、大間原発の基本的なことを中心に、
30分間質疑の予定だ。

こんな中、昨夜21時過ぎ、共同通信配信の
次にニュースが飛び込んできた。

==以下、記事引用==

電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発について、これまで
2021年度ごろとしていた運転開始の目標時期を1年程度先送りすることが2
日、関係者への取材で分かった。原子力規制委員会の審査に時間がかかってお
り、見直しを迫られた。4日にも県や町に報告する。大間原発の対岸の北海道函
館市にも説明する方向で調整中という。

Jパワーは昨年12月、稼働の前提となる新規制基準への適合性審査を規制委に
申請。1年間での審査終了を見込み、今年11月にも本格的な安全対策工事を始
めるとしていた。

==以上、記事引用終了==

この記事を受け、
審査の状況についても質問する予定だ。

寝ているときと、
食事以外の時間のすべてを、
国会と政治活動に充てる日々が続く。

運動も何も全くできていない。

こんなことではまずいと思いつつも
ついつい仕事優先の日々となってしまう。

運動、睡眠、栄養・・・、
この三つが大事なことは頭で理解はしているが、
理解していることと、実践することの乖離、
これを埋めがたい状態だ。

思い切ってスケジュールを整理し、
この悪循環から脱却せねばならない。

今日もしっかりと前進します。
============
      2015・9・3
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 運動不足とのことですが、テレビで言っていましたが、時間がなくても、ちょっとしたたとえば信号待ちなどしているときの足踏みなどでも運動になるらしいです。
    ご参考までに。小さなことからコツコツとですかね。どうぞお体に気をつけて頑張ってください。

  2. 御苦労様です。

    本日の原発審議の質問立派でした。
    確かに阿部総理が、あのような発言をした時に私の子供、そばにいた高校生、中学生が、「又。バカな嘘を言うっている」と
    嘲笑に似た笑いをしておりました。「言うだけの国頭」では、駄目です。
    この責任は、誰がとるのか、この国会の審議テーマは、あといくつ残っているのか等を出して本当に「衆議院解散」をしなければ、この国は大変な事になる。

    ところで、民主党は、報道によれば「安倍政権不信任案」を提出するとの事ですが、これはやっても採決で否決でしょう。
    これしか、方法はありませんか。本当にこの国を憂いている人は大勢おります。少なくとも、最大野党です。
    安保法案採決前に頑張って、野党統合して、議員辞職は無理ですか。
    これは、只、辞めると言う事ではなく国民にしっかりと説明をして行動を起こす。そうすれば、皆、納得でしょう。

    今の状態では、派遣法改正、安保法案、教育改正、北朝鮮拉致問題、北方領土問題、沖縄問題 等、すべて手探りでやっていますが、日本の国は大変な事を迎えようとしております。私は、沖縄県知事は、立派と思っております。
    あの防衛大臣、厚労大臣では「何もできない、判断できない」「自衛隊員」を只殺しにいくだけと私は思いますがいかがですか。

      御一考を!!  平成27年9月3日 AM10:44

  3. それから、安保法案で現在憲法解釈変更で法律を作るのなら、「現在憲法が、間違っているとの事」だから、安保法案成立前に
    現憲法を正しい(と言われている内容に)改正をするべきだというものもいることを審議で言ってください。
    でなければ、憲法違反で告訴されます。

    以上、付け加えておきます。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。