徒然日記

9月13日 その2993 『逢坂誠二の徒然日記』(4637)



函館は雨の朝を迎えた。

日曜日、静かな朝だ。

昨日は、函館、北斗、
福島、木古内などを走り回った。

福島大神宮例大祭では、
多くの皆さんにお会いさせて頂き、
沢山のご意見も伺った。

意見の中心は、安保法制だ。

「とにかく安保法制だけは、絶対にダメだ」

との声が多い。

それに次いで多いのが大間だ。

「大間は絶対に稼働させてはならない」

この意見も極めて多い。

1)国会集会
明日14日、午後6時30分。

国会周辺で大規模な
安保法制反対集会が開催される。

私も参加予定だ。

とにかく今、声を上げねばならない。

====

確かに国会は、安保法制に賛成する勢力が圧倒的だ。

しかし選挙で、国会に全てのことを
白紙委任をしたわけではないし、
選ばれた側も全てのことについて、
微に入り細に入り、
説明のうえ合意をもらったわけでもない。

民主制とは、
政策を決定する過程の途中での
丁寧な説明や、多角的な議論が大切なのだ。

安倍総理は民主制のこうした重要な過程を
理解しているとは思われない。

だからこそ、多くの国民の皆さんが、
各地で声をあげる必要がある。

2)放射性廃棄物
今回の豪雨で、福島第一原発は
どんな状態になったのだろうか。

あれほどの雨は、原発敷地にも降り注いだ。

その雨は、基本的に海へと流れだす。

地表面にあるかもしれない、汚染物質を伴ってだろう。

この雨水の制御は出来ていないはずだ。

====

そしてもう一つ問題が発生した。

除染の際に発生した
土や樹木などを保管した大型の袋が、
今回の大雨で、河川に流出した。

その数、240袋だという。

中には、袋が破れて中身が
空になったものもあるという。

こうした豪雨の中では、
除染も意味のないものになってしまう。

====

原発は、環境をどんどん蝕んでいる。

今日は、新月。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
      2015・9・13
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 大雨により放射能が流れ電力会社が喜んでいるという話をいう人がいます。その放射能は川から海へ?
    お魚などはどうなるんでしょう。ウソかホントか、泊の近くの海で奇形魚が取れるという話を聞いたこともあるし。
    大間はやめてほしいと思います。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です