徒然日記

10月19日 その3029 『逢坂誠二の徒然日記』(4673)



函館の朝の気温は5度を切ったようだ。

寒さがより一層つのる。

日中の気温は15度程度だ。

====

昨日も朝からフル回転の一日だった。

特に森青年商工会議所50周年記念式では、
多くの皆さんにお世話になった。

その後、森町内を回り、帰函した。

帰函後も、市内を回り、帰宅後はデスクワーク。

就寝はいつもよりも早かったが、それでも遅めだ。

1)携帯電話料金
先月、安倍総理が携帯電話料金の引き下げを指示した。

その指示に基づき、総務省は今日から、
大学教授ら有識者による会議で検討を始める。

====

報道によれば、
次のようなことが議論される。

通話やデータ通信の利用が少ない人を対象とした安な料金プランなど
消費者のニーズにあった多様なプランを設けること

通信会社に加えて小売りなど異業種がサービスを限定する代わりに
割安な料金で提供する、いわゆる「格安スマホ」の利用者を増やす対策

====

報道では、

「多くの利用者が通信料金の値下げを実感できるよう、
 端末を買い替える人を優遇する複雑な販売方法を
 見直せるかが焦点」

と指摘している。

今後、今後、事業者などからも意見を聞くという。

====

確かに携帯電話料金が引き下がることは、
消費者にとっては有り難いことだし、
各事業者もそれに向けて様々努力をして欲しいと思う。

しかし、料金引き下げを総理が指示して行うことが妥当なのかどうか、
この点は相当に慎重に考える必要がある。

そもそも安倍総理は、総理指示で各企業に投資を促すなど、
総理の仕事の範囲を逸脱しているかのような振る舞いが目につく。

====

今後、民主党の総務部門会議では、
政府や事業者からのヒアリングを実施し、
この総理対応の問題点を整理したいと考えている。

2)安保法制
安保法制が強行的に成立させらてひと月が経過したが、
各地で安保法制反対の集会などが今も続く。

会合や街頭デモ、多くの皆さんから、
安保法制を絶対に廃止して欲しいとの意見を数多く聞く。

9月19日のドサクサまぎれの成立で
今回の問題が終了したのではなく、
日本の民主主義や立憲主義を考える
新たなステージの始まりと指摘する方も多い。

この指摘のとおり、今後の活動が極めて大事だと思う。

====

反対し続けることが重要だし、
その国民の声を確実に受け止めるために
野党間の共闘も極めて重要なことだ。

野党間の共闘については、
国全体では色々と難しいことが指摘される。

だが地域を見るとそのハードルは必ずしも高くない。

国全体の議論を待つまでもなく、
地域から多くの皆さんの思いを受け止める取り組みを進めたい。

最近は、慢性的な睡眠不足が続いている。

改めて仕事、運動、休養、栄養のバランスを取り戻して、
仕事と体全体の最高のパフォーマンスを
実現しなければならない。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・10・19
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です