徒然日記

12月25日 その1612『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前の都内、
空には雲もなく、キリッと冷え込んでいます。

日中は太陽は出ていますが、
空気の冷たさのほうがまさる、
そんな一日のようです。

日中の最高気温は8度程度、
夜は1度まで下がる見込みです。

1)調整
昨日は、土曜日でしたが、
議員会館の事務所に出て、
各種案件の調整を行っていました。

====

どんな仕事も、段取りが大事です。

段取りさえ、十分にできれば、
仕事の大半が終了したも同然、
と言われることもあります。

その反面、
「百里の道も一足から」
あるいは「百里の道も一歩から」
とも言われます。

どんな壮大な仕事であっても、
始めの一歩が大事、
あるいは身近なところから始まるとの意味です。

「百里の道は、九十九里をもって半ばとす」は、
仕事の最後まで気を抜くなととの意味です。

最後に気を抜くと、
画竜点睛を欠き、
仕事が完了しないことがあります。

====

段取りを十分に行って、
どんな大きな仕事であっても、
ひるむことなく最初の一歩から着実に歩み始め、
仕事の終盤に至っても気を抜くことなく、
画竜点睛を欠くことのないようにする…、
これを常に頭に置き、
仕事をしなければなりません。

2)新年度予算
昨日、来年度政府予算案が閣議決定されました。

一般会計総額は、
11年度当初予算より2兆円あまり少ない
90兆3339億円ですが、
特別会計に計上した東日本大震災の復興費、
及び基礎年金の国の負担を加えると、
96兆6975億円の予算規模となります。

税収は、
11年度に比べて1兆4千億円増の
42兆3460億円です。

国債発行額は、
44兆2440億円となり、
国債依存度は50%弱となっています。

歳出のもっとも大きなものは、
社会保障関係経費で、
特別会計の「交付国債」も含めると、
29兆円近くになります。

原発関係では、
高速増殖炉サイクル研究開発費は25%削減、
「もんじゅ」の試験運転を再開費用の計上は
見送っています。

====

相当に厳しい予算編成です。

しかし現下の情勢の中では、
ギリギリのところを狙った
予算であることも事実です。

来年の通常国会では、
継続となっている
国家公務員給与の引き下げ、
国会議員定数の減、
野党の皆さんの協力を得ながら
この二つを何としても成し遂げねばなりません。

さらに効果的な予算とするために
さらなる予算の透明化を進め、
ムダの排除をしなければなりません。

====

どんな時代でも、予算というものは、
財政の理想の姿、現実の社会、
この狭間のなかで、
常に苦悩しながら作りあげるものです。

ことさらに厳しい財政状況の今、
苦悩や批判があるのは当然です。

その苦悩や批判をかわすのではなく、
真正面から受け止めながら、
その声にも応えつつ、
ひるまずに進まねばなりません。

今日は新月です。

その新月にも関わらず、
ニセコの昆布山の西の端が、
月が上る直前のように明るくなっているという、
ちょっと変わった夢を見ました。
(現実には昆布山の西端から、
 明るい月が上がることはないのです。)

今年も今日を含め、
7日間のみとなりました。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・12・25 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です