徒然日記

12月29日 その3100 『逢坂誠二の徒然日記』(4744)



今年の日めくりも、あと三枚を残すのみとなった。

窓の外では、夜明け前から除雪車の音が聞こえている。

夜明け頃には、家の前の道路の除雪も完了し、
車がスムースに通行している。

除雪に従事する皆さんに感謝、感謝。

1)従軍慰安婦
昨日、日韓両国外相が会談し、
旧日本軍の従軍慰安婦問題を最終決着させると合意した。

日韓国交正常化50年の今年、
両国間の最大の懸案事項が解決に向かう。

来年は、対立から協力への50年へと流れを変えたい。

==合意の概要==

慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認。

今後、互いに非難や批判を控える。

日本政府は、当時の軍の関与の下に
多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた慰安婦問題の責任を痛感

安倍晋三首相は心からおわびと反省の気持ちを表明

韓国政府が元慰安婦を支援する財団を設立し、
日本政府の予算で10億円程度を拠出

韓国政府は在韓国日本大使館前の少女像への
日本政府の懸念を認知し、適切な解決に努力

====

こうした合意が成立し、
日韓関係が対立から協力の関係に進むことは、大変に良いことだ。

以前から私が指摘してきたとおり、外交の基本は近隣諸国との関係だ。

遠く離れた国との友好関係も大切だが、
近隣諸国との関係が悪ければ外交で合格点とは言えない。

今回、日韓両国間で、関係改善の道が開かれたのは、
外交のイロハの大きな一歩目になればと思う。

しかしこの合意を良く読むと、
1993年の河野談話に限りなく近づいた印象を受ける。

安倍総理は、河野談話に関し否定的な発言をしていたが、
そのことが両国関係を冷え込ませた一要因にもなった。

しかし今回の合意は、結局、元の鞘に収まった感がある。

安倍総理は、今回の合意を安倍外交の成果としたいのだろうが、
安倍総理がある種の翻意に踏み切ったこと、
その背景や理由を丁寧に説明する必要があるだろう。

年内にやらなければならないことも多い。

今日、明日、明後日、この3日間で少しでも多くの懸案をこなし、
31日夜から年末年始の活動に入りたいと思う。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・12・29
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。今年ももう、ほんの少しとなりましたが、来年もなお、いっそうのご活躍をお願いいたします。

    年末に、一言。

    昨日、韓国との慰安婦問題が、解決したこの如く報道されていますが、これは、両国共に国民の感情を察し取りそれを
    もとに考えなければなりません。
    まず、両国共に昔から「遊郭」と言うものが存在し、我が国では、いまだに「風俗営業」が認められている状態です。
    韓国でも、現在は、どうかわかりませんが同じ様な商売が公然と行われておりました。
    わが国民はつい最近まで韓国旅行に行きそれを堪能?してきたやに聞いております。
    そのような事から、当然戦時における、性事は、当然ありますよ。それは両国民が分かっておると思います。
    それが、なぜに韓国慰安婦の方達が騒ぐのか?それは、韓国民が、我が国の今までの施策に満足していないからです。
    これを満足してもらうには、我が国の代表が、当人たちと直接会い、話をする事です。
    そして、今からでは、解決方法は、お金より仕方がないのですから直に渡すことを考えるべきでしょう。

    今回の交渉発表でも、総理が直に行き大統領と一緒に発表すれば、もっと世界にも大きな影響として伝わったと思いますが
    いかがでしょうか。

    この国の総理は残念なことに一番大事な時にいつも代理で済まして、俺がやったと言っておりますが、これでは、駄目!!

    こう言うと、「私は忙しい」言いますが、何を言うか?ですよ。国民はもっともっと忙しく動いてこの国と自分達の生活を
    守っているのです。もっと、国民の生活を見ろ、とわたくしは言いたいです。
    それから、もう一つ、自民党が、誰を主としてやっているかはわかりませんが、「日本の歴史を学ぶ勉強」を始めたらしいですが、国会議員たる者そんなことも知らずに政治をやろうとしているのかと思うと「ぞっとします」。

    来年も年明け早々から大変ですが、体に気を付けて頑張ってください。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です