徒然日記

2月2日 その3135『逢坂誠二の徒然日記』(4779)

昨朝は、風邪のため街宣を休んだが、
日中の日程は通常活動となった。

38度近くあった熱も何とか下がったが、
まだ本調子には、戻っていない。

ぶり返さないよう、注意しなければならない。

====

旧上磯町と旧大野町の合併による、
新生北斗市が、誕生10周年を迎えた。

昨日、その記念式典と祝賀会に出席した。

平成の大合併には、様々な課題があったが、
非常にうまく進んだのが北斗市の合併と
高谷市長から挨拶があった。

その理由として、
生活圏が同一だったことや、

自治体の規模がちょうど良かったこと
などが指摘された。

たぶんその通りなのだと思う。

逆に全国の数多くの合併の中には、
地域が大きく変化したところも多い。

一度、合併すれば、
明治時代のように分村や分町は、
なかなかできるものではない。

自治の形の変更は、大切なことではあるが、
将来を見通した慎重さが必要だ。

====

昨日の北斗の式典では、
全国や全道レベルのスポーツや文化の大会などで、
上位成績を収めた小中学生が紹介され、
また表彰なども行われた。

北斗市の人口は、4万7千人あまり。

この人口規模で、全国大会優勝などが結構多いことに驚く。

北斗市はこのようにスポーツや文化活動も盛んなうえ、
3月26日に新幹線の新駅「新函館北斗駅」が開業する。

新幹線の開業をまた一つの契機として、
地域の他の自治体とともに
さらに発展することを祈ると同時に、
私も地域に振興にさらに力を注いで参りたい。

====

診療報酬の2016改訂作業が大詰めを迎えている。

昨日は、地元薬剤師会の皆さんから、
現在の改定作業について意見を頂いた。

上京後、早速、厚生労働省にその意向を伝えるとともに、
日本薬剤師会とも連絡をとりあった。

最終決定目前だが、最後の調整が続く。

====

今日も朝から、議員会館で会議がスタートする。

やはり相変わらず、睡眠不足が課題だ。

夜の予定がない日は(そんな日はあまりないのだが)、
少しでも早く帰宅して、早く床に就かねばならない。

そして運動もだ。


さあ今日も、確実に前進します。
=====================
            2016.2.2

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。

    本日の新聞報道を見て驚きました。
    死んだら、死亡消費税を取られるって? 何だよ、これは。なんでもとればいいって分け無いだろう。
    国会議員の歳費となんにでも使える政務費とかを考えたらいかがかと思うがどうですか?
    あの自民党の甘利氏は、何をやってるんだ。あの元右翼の叔父さんもよくやってくれたと、私は思いますよ。
    役職辞任では、終わりませんね。議員辞職は、はっきりとしてきましたね。国会招致をして、二度と立ち上がれない様に
    する事ですよ。こんな自民党に政治を預けていたら国は消滅ですよ。日本の野党の者が全員揃って改革をしなければ国民は
    困窮の一途をたどるだけです。

    鈴木宗雄氏も、自民党に行ったんですから、共産党も入れて「まず、政権を取り返す」事を考えなければなりません。
    私も、共産党は拒否感がありますが、最近の国会審議を見ているとよーく調査をして質疑をしております。
    これで、議員数を伸ばしているのですよ。又、伸びるでしょう、若者が。

    まず民主党が、目指す事は、何か、そして国民が願っている事は何かをしっかりと掴んで、前進する事です。

    そして。鈴木貴子氏に直接今後どうするのかを早く決断させる事です。

    予算審議の目鼻が、ついたら衆議院解散となるでしょう。そうすれば、衆参ダブル選挙です。はっきり見えてきました。
    甘利氏の件は、司法が決着をつけます。早く選挙対策を!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です