徒然日記

2月10日 その3143『逢坂誠二の徒然日記』(4787)

都内の日の出は、午前6時34分

朝の気温は1度程度。

函館に比べると
寒いなどとは言えない気温だが、
やはり朝は寒い。

====

経済に暗雲が立ち込めている。

日経平均は、昨日、900円近く下落し、
16,000円割れ目前となった。

円高も、一時114円台まで進行。

国債金利は、初めてマイナスとなった。

日銀のマイナス金利政策が、完全に不発に終わった印象がある。

経済の基本は、実体経済だが、その本筋を忘れ、
株価誘導に力点を置き過ぎた経済は、リスクが高い。

加えて現在、東証株式取引は、7割が外国人と言われる。

株価が上がっても、儲けは海外に回る比率が高い。

東証で儲け、危うくなったら、
一気に引き上げるだろうというのは、大方の見方だ。

とにかく実態経済に着目しなければならないのだが、
安倍政権は、異次元の金融緩和と称して、

株価維持政策によって官製相場に頼り過ぎている印象だ。

====

報道が完全におかしい。

衆院予算委員会の模様がほとんど報じられない。

特にTPPに関し、日本の主権を侵害するような条項が見つかった。

予算委員会で、そのことを指摘し、
担当大臣が全く答弁できない状態であるにも関わらず、
そのことが何にも報道されない。

日本の報道が、異常な事態に陥っている。

さあ今日も、確実に前進します。
=====================
            2016.2.10

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です