徒然日記

2月17日 その3150『逢坂誠二の徒然日記』(4794)

都内の朝の気温は2度程度だ。

日中も10度位まで気温が上がるようだ。

寒いことは寒いが、
北国育ちの私からみれば完全に春の雰囲気だ。

====

甘利前大臣が睡眠障害と診断され、
一ヶ月間の自宅療養が必要と診断されたという。

これから当面、国会を休むのだという。

安倍内閣の重要閣僚として、
TPP交渉や国会答弁を行っていた。

ところがURへの口利き疑惑などで大臣を辞任し、
緊張の糸が切れたのかもしれない。

さらにURとの赤裸々なやり取りが明るみに出ている。

精神的なダメージは相当なものだと推測する。

しばし休息が必要だということは理解できる。

キチンと休息して欲しいと思う。

しかし次々と明らかになる口利き等の疑惑に対する
説明責任が無くなったわけではない。

休息の後は、国会で
十分な説明責任を果たしてもらいと思う。

====

今日も朝から夜まで、隙間なく予定が詰まっている。

こんな状態が連日続いているが、
仕事の効率が落ちている。

いつものことながら、

睡眠、運動、栄養のバランスが必要なのだが、
それとは程遠い生活になっている。



さあ今日も、確実に前進します。
=====================
            2016.2.17

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは、民主党議員の活躍を毎日拝見しておりますが、御苦労様と言いたい。

    野党の皆さま(一部分けの分からないのもいますが)の活躍を信じて申し上げます。

    今の自民党政権では、国民もついていけません。景気は、よくなっていると言っておりますが、どこにそれを見とれるのですかね。売っているものの売値は、毎度下がり、買う量も少なくなり、スーパー、デパートなどの売り上げは伸びずですよ。

    景気が悪い事を射されると、中国が悪いからだと返答する。こんな事、一番知っているのは、政権党の自民党でしょう。
    3年も4年も前から日本企業は撤退をしてきました。今更、何を言うかですよ。
    事実上の倒産の「シャープ」「東芝」を救えない日本国、どうするのか。安倍総理に聞きたい。問うてみて下さい。

    倒産件数が、少なくなって景気が良くなったというのは「ウソ」です。国内をよく見る様に「指摘」してあげないと分からない日本の総理大臣。残念です。子供ですよね。何故に数字で出ないかと言えば、この景気状態では、改善は見込めないから
    経営する会社を泣く泣く整理をしてしまったのが、今の倒産件数の減少状態になっているのです。銀行が金を貸さないから。
    それなのに、金利ゼロをぶち上げ、金融業界、国民の金は、どうするのか。年金積立金を勝手に使って大損をして、「将来的に年金受領金額減少もありうる」などを言っているバカな奴は、やっぱりきっぱりと辞めてもらわないとだめです。
    「日本破滅」です。強く感じます。

    前にも申し上げましたが、選挙は参議院より、私が思うに予算可決後すぐに「衆議院解散総選挙」ですよ。
    御党議員さんの選挙用意は、出来ていますか。まだの方は、手紙でもいいから地元事務所から、有権者様に支持連絡を取る様にしてください。

    何か本日の報道で野田さんが、質疑に立つとの事、安倍さんとの約束事の問題を頑張ってやってくれる事を祈っています。

    それと、もう一つ、「消費税軽減法」をやると言っておりますが、2%位の事では全く意味の無いことをするようですが、これは国民を騙すような事ですよね。何が「痛税感」だって? 公明党が創価学会員を騙しているのと一緒にしてもらっては困るんです。いっその事、食品をゼロにする事も上げて下さい。高金額製品を買う人たちからもらう事を考える様にと。その上で予算組をし直して、もう一度上げて来いと。高所得者から、法律通り税金を頂くということでしょう。

    しっかりと、頑張って下さい。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です