徒然日記

2月19日 その3152『逢坂誠二の徒然日記』(4796)

雨水の朝、都内は夜明け前だというのに、
気温は既に5度程度だ。

日中はなんと18度にもなるという。

まだ二月中旬だが、
今日はコートは完全に不要な感じだ。

====

内閣法制局が、
憲法上できないとされていた従来の解釈を捻じ曲げて、
集団的自衛権の行使ができるとした大きな偽りが、
公文書管理法の運用にも大きな悪影響を与えている。

憲法を歪に解釈したことによって、嘘の上に嘘を重ねなければ、

法の番人と言われる内閣法制局が答弁できない状態になっている。

こんな事態を引き起こした安倍総理、内閣法制局長官の罪は深い。

====

集団的自衛権の行使を認めた2014年7月の閣議決定に関連する
内閣法制局の「想定問答」について、
横畠裕介長官は、これまでは存在しないとの立場だった。

ところが昨日、一転して存在することを認めた。

しかし、それは保存すべき公文書管理法上の
「行政文書」に当たらないと言う。

その理由は、

「想定問答はできあがらなかったものであり、
 組織的に用いるものではない」からだと言う。

酷い話だ。

法制局長官は、
公文書管理法の解釈も捻じ曲げて、
公文書管理制度を崩壊させる暴挙に出ている。

公文書管理法は、
行政機関の職員が職務上作成、または取得し、
組織的に用いるために行政機関が保有する文書を
「行政文書」と定めている。

横畠氏は長官である自身が部下に「差し戻した」ことを理由に、
想定問答は組織的に用いるものではないと言いたいのだろうが、
これは滅茶苦茶だ。

こんなことを言ったら、
組織内の意思決定の過程が分からなくなってしまう。

横畠長官の発言は、意思決定過程を残すという
公文書管理法の極めて大切な理念を蔑ろにするものだ。

従来の憲法解釈を捻じ曲げたことによって、
日本の民主主義を支える情報開示の原則も壊されているのだ。

こんな愚かなことを絶対に容認してはならない。

====

今日も朝から会議や来客が続くが、
午後には帰函し、週末の地元回りに専念する。

さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.19

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です