徒然日記

3月3日 その3165『逢坂誠二の徒然日記』(4809)

桃の節句だ。

今朝は、朝7時から原発ゼロの会世話人会だ。

そのため起床時刻はいつも通り4時だが、
国会に向かう前の仕事時間が少ない。

時間を有効に使わねばならない。

====

東京の夜明け前の気温は2度。

日中は17度にまで上がるとか。

昨日から、コートを春用にした。

東京は確実に春の雰囲気だ。

====

テレビ報道がおかしくはないか。

アメリカの大統領選挙は、
日本にとっても大変重要なものだ。

日本のテレビも、予備選の様子を報道している。

しかし日本の国会中継よりも長時間、
トップニュースとして扱うべきものだろうか。

昨夜のNHK夜9時のニュースは、
女子サッカーのオリンピック予選中継で、
開始時刻が試合終了後となった。

そしてトップは、

アメリカ大統領予備選の様子を、
現地からのレポートや解説を加えつつの報道だ。

国会の様子は、
これに比べると見劣りする内容だ。

====

安倍総理は、憲法に関し連日重要な発言を連発している。

国家の枠組みを変える重要発言だ。

一昨日は、
自衛権範囲の拡大に関し積極的な発言をした。

昨日は、
憲法改正について「私の在任中に成し遂げたい」と明言した。

数年前なら、総理がこんな発言をすれば、
もっと大きな波紋が広がったはずだ。

しかしニュースの扱いは必ずしも大きくはない。

特にテレビは、アメリカ大統領選挙のほうが優先だ。

日本の今と将来を大きく左右する総理の憲法発言に
力点が置かれない報道に危機を感ずる。

視聴率や事象の派手さだけで
報道内容を決めてはならない。

視聴率が低くとも何を伝えるべきか、
報道機関には毅然とした姿勢が必要だ。

====

北海道5区衆院補選の手伝いに行っている上原さんから、
選挙区の状況について連絡が来た。

十分にやりようのある選挙だとの実感を持ったようだ。

追い上げているのは事実のようだ。

何とかあとひと月で、
追いつくようにしなければならない。

私も選挙区入りせねば。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.3

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。

    朝早く一言申し上げたい。

    まず、鈴木貴子氏の事ですが、親子共々、以前の様な事はもう出来ないでしょう。と、言うのは本日も道新にもの申している
    方がおりましたが、「TPP反対」「安全保障問題変更反対」「沖縄辺野古基地は県外」等々自民党にもの申して民主党にお願いをして選挙当選(比例で)した者が他党に行って(それも政策に反対していた)たまたま、旗色が悪い北海道5区、京都3区(?)の選挙応援をお願いしただけでしょう。

    いつ、安倍氏の心変わりがあるかも知れないあの方を頼ったのは失敗でしょう。国民はそんなにバカではありません。
    心落ち着けて頑張って下さい。釧根地区の方達は、それほど応援はしていません。煙ったがっております。しかし、反対をするとシッペガエシが怖いんです。だからです。それでなければ貴子氏は、票で当選しておりますよ。心配なしです。

    それからもう一つのお願いがあります。
    それは、比例当選した議員の移籍問題は「ざる法」ですね。何とかしませんか。選挙民は、これでは納得しません。
    「バカにするな」ですよ。なんのための党選抜の比例選挙か?
    選挙制度改正とともにしっかりとしたものにしなければなりません。移籍をしたものは、議員辞職をすると。

    衆議院は終わりましたが、参議院会議で発案してください。お願いします。

    それではくれぐれも体に気を付けて頑張って下さい。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です