徒然日記

3月6日 その3168『逢坂誠二の徒然日記』(4812)

昨日は、帰函後、函館市内、七飯町、江差町を走り回り、

夜9時過ぎに再度、函館に戻った。



1)辺野古

辺野古新基地の埋め立てをめぐる代執行訴訟で、

安倍内閣は、工事中断を含む暫定的和解案を受け入れ、

和解が成立した。


一見、良い方向に転換したように見えるが、

これは安倍政権の時間稼ぎだと思う。


裁判は、国が敗訴しそうな塩梅だったという。

また参議院選挙など重要な選挙も近い。


だから国は、裁判から一旦撤退し、

引き延し作戦に入ったのだろう。


その証拠に安倍総理は、和解のその日に、

辺野古が唯一の解決策との発言をしている。


こんな頑固な姿勢では、

協議は絵に描いた餅に終わるのは見え見えだ。


国地方係争処理委員会を経て、

再び裁判になるだと予想される。


結果的には、選挙の争点隠し、

国の時間稼ぎというほかはない。


安倍総理のまやかしに惑わされてはならない。



2)民主党

民主党と維新の党との合流後の党名は、

私は民主党が望ましいと思う。


党名は、党のあり方を端的に表すものだ。


その意味で、これほど分かりやすい党名はない。


世界的にも通用する党名だし、

良くも悪くも、随分と浸透した。


さらに党名などは、よほどのことがない限り、

コロコロ変えるものではない。


今の民主党には、

党名を変えるほどの強い覚悟で

様々なものに臨む必要はあるが、

現実に党名を変えるのは

相当に慎重であらねばならない。


もしどうしても変える必要があるならば、

立憲民主党のように、民主を含む名称にすべきだ。



3)公文書管理議連

一昨日、「情報と公文書管理等を考える議連

(略称:公文書管理議連)」が設立された。


この議連は、

「我が国の情報公開の仕組みや

公文書管理の現状は諸外国と比較して

進んでいるとは言い難い現状にあることを鑑み、

民主主義の基盤を支えるための

情報や公文書管理のあり方を考えること」

を目的としている。


大畠章宏衆議院議員が会長、

幹事長は西村智奈美衆議院議員の

役員体制でスタート。


事務局長は、逢坂誠二が務める。


大畠会長の挨拶で、

昭和62年の公文書館法の制定に

大きく尽力された岩上二郎元参議院議員が、

何と大畠会長の中学校時代の恩師であったとの

エピソードも紹介され、

大畠会長と公文書管理の縁の深さが、

改めて確認された。


当日は、内閣府の公文書管理法担当課長から、

公文書管理法見直しに向けた

政府の現状について話を伺ったのち、

質疑と出席議員間での意見交換を行った。


政府は、公文書管理委員会で

公文書管理法に関する議論をしているが、

法改正するかどうかは未定とのこと。


公文書管理委員会からの報告内容を見て

判断するとのことだが、

既に有識者等からも

法の問題点が指摘されており、

政府の対応は消極的に見える。


出席議員からは、

30年経過文書が公文書館に移管されていないこと、

重要な記録であっても保存期間一年未満として

公開対象にされずに破棄されること、

職員の作成するメモの扱いが不適切であること等、

重要なことが指摘された。


今後は、こうした問題点を掘り下げると同時に、

有識者からの聞き取りも行う予定。


情報や公文書管理等に関する分野は、

どちらかと言えば地味分野だが、

この分野がしっかりしなければ、

健全な民主主義の発展はありえない。


議連の取り組みは小さなものだが、

日本の民主主義の基盤を強化するために、

地道に息の長い取り組みをしたい。


議連の活動を支えて頂くため、

多くの議員の議連加入を期待している。


====


今朝の函館は雨。




朝のうちは溜まりに溜まった書類整理をして、

昼前の街宣から屋外の活動を開始する。



さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.6

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. コメントしないことにしていましたが、疑問に思いかいてしまいました。
    町内会の集まりなどでは相変わらず民主党のことがよく言われず結局自民のほうが民主よりましという話になりますし、
    メディアで発言する人を見たり聞いたりしていると今の政権を批判するけど最後は民主のときはどうだったんだということになり
    聞いているものには結局自民で仕方ないという構成になっている気がします。もちろんコロコロ党名を変えていいのかとは思いますが、いまだに消えない民主党に対するアレルギーがあっても残したほうがいいのかなあと疑問におもってしまいました。
    ただ、今の政治がわるいのは野党がだらしないからとよく聞こえてきますので、党名は関係ないのかもしれませんが。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です