徒然日記

3月16日 その3178『逢坂誠二の徒然日記』(4822)

昨日も朝からフル回転だった。

同じく今日も朝一番で、
漁船や漁業共済に関する会合からスタートした。

1)信じられない
昨日の国会で信じられないことが発生した。

石破茂大臣が、
審議入りした地域再生法改正案の提案理由説明で、
昨年の提案理由書を読み上げたのだ。

つい一時間ほど前に衆院本会議でこの問題について、
提案理由を説明したばかりの法案に関し
特別委員会で再度、説明する際の出来事だ。

間違った説明文を渡した事務方にも落ち度はある。

しかし別の法案説明を読み上げていることを
大臣自身も気づかないとは驚きだ。

しかも説明文を全部読み終わって、
他者から間違いに気づかなかったのだから、
石破大臣がこの法案に対し、
何の自覚も責任もないことの表れではないのか。

法案に対してこんな無自覚な大臣のもとでは、
突っ込んだ心ある法案審議ができるとは思われない。

また原子力政策を担当する林幹雄経産大臣は、
答弁で立ち往生し、勉強不足の自覚があると認めた。

これも驚きの発言だ。

大臣就任後、5ヶ月以上が経過しているのに、
今さらこの体たらくでは、
この大臣のもとでは原子力政策の審議はできないと
言わざるを得ない。

安倍内閣は完全に弛緩し始めている。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.16

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です