徒然日記

3月23日 その3185『逢坂誠二の徒然日記』(4829)

ブリュッセルで同時多発テロが発生した。

何ともやるせない思いだ。

====

夜明け前から国会対応でフル回転だ。

1)答弁

今日は午前8時から
「政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会(略称:臨選特)」
で、議員立法に対する答弁を行う。

どんな質問が通告されているか分からないため、
今朝7時からその打ち合わせを行う。

こうした対応は、与党時代に政府に在籍していたとき以来のことになる。

案件は、公職選挙法の改正だ。

2)NHK
昨日の衆院総務委員会でNHK予算の質疑と採決が行われた。

この間のNHKからの聞き取りから判断する限り、
NHKは、本当に大丈夫なのかという不安が募るばかりだ。

====

これまでの不祥事などを踏まえたNHKの課題は山積しているが、
個人的には以下の点などに対して、
相当な力を注がねば組織として末期的な状況に陥りかねない。

1.
籾井会長自身、そもそもの課題
(不規則発言、公共放送・公共団体に対する認識、誤ったリーダシップなど)

2.
NHK自身の調査力・対応力は十分か

3.
監査委員会、経営委員会は機能しているか

4.
理事会での自由闊達な議論と意思の統一はあるか

5.
契約など事務管理は十分に機能しているか(特に随意契約が多い)

6.
議事録の不備(経緯も含めた意思決定に至る過程並び事務及び事業の実績を合理
的に跡付け、又は検証することができる内容になっていない)

7.
重要な非公式会議(役員会など)が多用されている

8.
子会社、関連会社の問題

====

結局、NHK予算に対しては反対せざるを得なかった。

これでNHK予算は、三年連続で全会一致の慣例が崩れている。

NHKに対しても、付帯決議で相当に多くの注文が付けられたが、
籾井会長は、これらのことを真摯に受け止めて欲しい。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.3.23

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です