徒然日記

5月2日 その3225『逢坂誠二の徒然日記』(4869)

GWの中の平日だ。

函館は雲が多いが、明るめの朝を迎えた。

夜明け前の気温は4度程度。

日中は14度程度になる見込みだ。

昨日も終日、屋外での活動が続いた。

春の風は冷たく、紫外線も強くなってくる。

そのため例によって、顔の皮膚はボロボロ状態だ。

1)花見
昨日は、五稜郭公園での
いくつかの花見に招待された。

午前中は、風も強く、日陰では寒くて、
ちょっと花見には向かない雰囲気。

昼頃になると、冷たい風もおさまり、
雲の切れ間から日差しが覗いた。

満開の桜の下で、酒を酌み交わしながら、
多くの皆さんと、穏やかな時間を共有させて頂いた。

何とも有り難い、至福のひと時となった。

今日は、平日のため花見はないが、
明日はまた、いくつかの花見が予定されている。

2)姑息だ
色々な社会の実態を説明する際に、
具体的なデータを活用することが多いし、
それは説得力があり当然のことだ。

しかし、そのデータの扱いに恣意性があれば、
社会の現実が違ったものに見えるため、
データーの扱いは慎重でなければならない。

====

安倍政権が、来年度からの保育士の賃上げに関する説明で、
女性保育士の賃金だけを引き合いに出している。

保育士は、女性だけではない。

しかしなぜか女性だけのデータを利用して説明しているのだ。

ボーナスを含めた女性保育士の平均月収は約27万円。

女性のみを対象にした全職種の平均月収は約31万円。

差額は4万円となる。

しかし男性保育士も含めると、
この差額は11万円となる。

安倍政権が、女性保育士の賃金しか示さない本当の理由は分からないが、
政府が格差是正の成果を強調したいために利用しているとすれば、
それは社会の姿を歪める姑息なものだ。

こんな権力のこんな恣意的な説明に惑わされてはならない。

3)法案の絞り込み
連休が明けると国会は早くも終盤モードに入る。

会期は6月1日までだが、サミットなどもあり、
連休明けは2週間程度しか実質審議ができない見込みだ。

そのため政府は、
今国会で成立させる法案の絞り込みに入ったという。

====


一票の格差を是正する衆院選挙制度改革法案


女性の再婚禁止期間を短縮させる民法改正法案


刑事訴訟法改正法案

これらがリストに上がっているが、
いずれも私が大きく係っている法案だ。

この中に、外国人の技能実習関連法案がないため、
政府与党が、今後、どのような国会運びを想定しているのか
分からないが、終盤国会も忙しいものになりそうだ。

今日も終日、地元回りの一日となる。

さあ今日も、確実に前進します。 

=====================
             2016.5.2

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です