徒然日記

5月9日 その3232『逢坂誠二の徒然日記』(4876)

GWも終わり、今日から通常モードが始まる。
 
GW中は、ニセコでの寺参りを除いて地元歩きに専念した。
 
休暇中ということもあり、
いつもと違った少しゆったりした目線で各地を歩いた。
 
そうすれば普段は見えないものが見えてくる。
 

もっと書類整理や、運動もしたかったが、

 

そちらは全く手付かずになった。
 
今日からの日常業務の中で、
仕事、運動、睡眠、栄養のバランスを
確実に保てるよう努力したいと思う。
 
 
1)国会審議
国会の会期は6月1日までだ。
 

その上、今年は伊勢志摩サミットが開催される。

 

 
そうなれば国会で法案審議に専念できるのは、
今週と来週しかないと思われる。
 
もちろん会期延長という手もあるのだろうが、
夏には参院選挙があり、長期間延長は難しい。
 

こんな中で、議論できる法案の絞り込みが、

 

必要になるだろう。
 
もちろんその絞り込みを行うのは、
政府と与党だが、どのような戦略で臨むのか、
今日からまた激しいやりとりが始まる。
 
====
 

衆院総務委員会は、

 

3年分のNHK決算の審議が滞っている。
 
これをどのタイミングで審議するのかが一つの鍵だ。
 
衆院法務員会では、
外国人技能実習法案等を衆院で採決すると
与党が申し出るかどうか。
 
仮に採決をして参院に送ったとしても、

参院はまだ審議が魅了していない法案がある。

 

 
そうなればせっかく参院に送っても廃案になる可能性がある。
 
果たして政府与党はそうした状況を望むのだろうか。
 
====
 
また法務員会では、
昨年末に最高裁から意見との判断が下された、
女性の再婚禁止期間180日に関する法案も

審議しなければならない。

 

 
====
 
原子力特別委員会の審議は、
政府与党はあまり積極的ではない。
 
もし今国会中に開催されるなら、
核燃料サイクルや大間の問題を

継続して取り上げたいと思う。

 

 
いずれにしても、
今日からの国家審議に全力を尽くすと同時に
地元活動にも十分な目配りをして、
常在戦場に備えたいと思う。
 
 
2)女だけの相撲大会

昨日、福島町で、

 

第25回北海道女だけの相撲大会が開催された。
 
私も例年お邪魔しているが、今年も来賓として、
勝負を楽しませて頂いた。
 

福島町は、千代の山、千代の富士の2横綱の出身地。

 

 
北海道はもとより福井県や広島県から参加した

62人の女性力士が、熱戦を繰り広げた。

 

 
シコ名も「体脂肪減らす丸」や「女盛り」などユニーク。
 

優勝は「おでぶ山」こと札幌市のトラック運転手山本静香さんが、史上初の4連覇。

 

通算8度目の優勝だという。

私も2時間に渡って大笑いしながら、心から楽しく観戦させて頂いた。

出場力士の皆さん、スタッフの皆さん、有り難うございました。

 

3)サラキ岬

福島町からの帰函途中、木古内町サラキ岬で開催中の

 

チューリップ祭りに立ち寄った。

チューリップが綺麗だったのは言うまでもないが、

牡蠣、ツブ、蕎麦、鳥のから揚げなどを、

たくさん振舞って頂き、感謝、感謝。

 

しかしあんなに食べては、私が力士になってしまう。

皆さん、有り難うございました。

ちなみにサラキ岬沖合で、

1972年、江戸幕府の軍艦「咸臨丸」が沈没したとされる。

 

 

 

今日は、朝から市場を回り、

 

その後、街宣の予定だ。

 

さあ今日も、確実に前進します。 

=====================
             2016.5.9

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です