徒然日記

5月10日 その3233『逢坂誠二の徒然日記』(4877)

昨夜は、私の好きな細い月(月齢3日くらいまで)だったが、
残念ながら見ることはできなかった。

空が曇っていたのか、
あるいはその他の要因だったのかも
分からずに気づいたら床に就いていた。

GWが終わり慌ただしく時間が過ぎ、
余裕のない1日になってしまった。

====

昨日は、早朝から市場回り、街宣、
事務所打ち合わせ、挨拶回り、

そして上京。

久々に来た東京は、小雨模様だったが、
雰囲気は春から初夏の雰囲気になっている。

季節の移ろいは早い。

1)国会終盤
通常国会会期末まで、三週間余りとなった。

今月末には、伊勢志摩サミットが開かれるため、
実質的に国会審議ができるのは二週間余りしかない。

どの法案を成立させるのか、
どの法案を見送るのかなど、
各委員会の動きが活発になっている。

150日間という長い通常国会だが、
よほど緻密に日程管理をしなければ、
あっという間に会期は終了だ。

今後は、総理が衆院を解散するのかどうか、
来年の消費増税を実施するのか、

あるいは見送るのか、
その辺りがに注目が集まる。


さあ今日も、確実に前進します。 

=====================
             2016.5.10

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です