徒然日記

1月25日 その1643『逢坂誠二の徒然日記』



都内は、道端などに
一昨夜の雪が残っています。

今朝も気温は零度、
日中も6度程度までしか上がりません。

1)核燃料サイクル
「核燃料サイクル」をどうすべきか、
政府の議論が始まっています。

昨日の会議では、


再利用した場合


高速増殖炉を利用した場合


再利用せずそのまま処分した場合など

5つのケースについて評価案が示されています。


使用済み燃料を再利用せずそのまま処分した場合、
コストは最も安い一方で放射性廃棄物の有害度は最も高くなる


資源の有効活用の視点からは「高速増殖炉」が最も効果的

などの評価が示されていると報道されていますが、
この評価は理解に苦しみます。

使用済み核燃料をそのまま処分するれば、
なぜ有害度が最も高くなるのでしょうか。

核燃料サイクルは、
実用化のめども立っておらず、
経済的コストが最も大きいはずです。

さらに使用済核燃料を運搬し、
再処理し、さらに使用し、
その上でまた使用済核燃料が出ることを考えると、
そのまま処分するより、
放射能汚染のリスクが高まるはずです。

それにもかかわらず、
使用済み核燃料をそのまま処分すれば、
なぜ有害度が高くなるのか、
私には理解できません。

カナダやフィンランドなどの議論も踏まえ、
もっと多角的にぎろんしなければなりません。

今日は早朝から会議などもあり、
日記はこれで終了します。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・1・25 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です