徒然日記

6月28日 その3231『逢坂誠二の徒然日記』(4928)

今朝は、今金町で目が覚めた。

目の前には、田植えの終わった水田が広がっている。

この時期らしい、爽やかな朝だ。


1)遊説

昨日は、早朝函館を出発し岩内町に入り、

鉢呂吉雄さんとともに後志管内を遊説した。

党の役職上、自分の選挙区以外も回るのが、
私の務めでもある。

岩内、共和、倶知安、京極、喜茂別、留寿都、
真狩、ニセコ、蘭越、黒松内、寿都、島牧を回り、
その後、今日の遊説に備えて今金町入りした。


昨日は、ご無沙汰続きの懐かしい多くの皆さんにお会いし、
何となくホッコリとした気持ちになった。

もちろん、今回の選挙の意義などについては、
明確に訴えさせて頂いた。

====

毎度のことながら、選挙の遊説は

我々にとって極めて大きな意義がある。

遊説は単に選挙の支持を訴えるものだけではない。

選挙区内を回ることで、地域の実情が極めてよく分かる。

選挙時に地域を回ることは、

我々にとっても大きな勉強になっている。

====

久々の後志回りでも、多くのことを感じた。

特に高齢化と人口減少の影響は極めて大きい。


地域全体にその影響が及んでいるが、
激しく人口が減っている地域と
そうでない地域の濃淡も大きい。

あの現実を改めて目の当たりにして、
単なる地域振興ではなく、
もっとメリハリのある具体的な政策を講ずる必要を

強く感じている。


====

今日は、今金町から桧山管内を南下し、
松前から函館に向かう予定だ。

今日も鉢呂吉雄さんとともに

多くの皆さんにお会いして、

私たちの考えを伝えたいと思う。


2)NHKは政府広報
昨朝のNHKニュースを見て、飛び上がってしまった。

NHKが完全に政府与党の広報を行っている。


選挙の争点になっていることについて、
政府の見解のみを伝えている。

政府の見解だから、それは政党同士の選挙に形式上は関係ないことだ。

しかしまさに選挙の争点、論点の一つとなっていることについて、

政府の通常の政策発表であるかの形式で国民に伝えることは、
公平なやり口とは思われない。

詳細はあえて記さないが、
NHK報道に細心の注意が必要な
異常な時代になってしまった。

さあ今日も、確実に前進します。

======================= 
             2016.6.28

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です