徒然日記

7月11日 その3244『逢坂誠二の徒然日記』(4941)

参院選挙が終わった。

北海道選挙区では、
目標とする2議席を確保することができた。

多くの皆さんの力を結集して、
大きな目標を達成することができ、

心から有り難く思う。


今回の目標達成に向け、
相当早い時期から準備を進めていた。

現職の徳永エリさんの当選は、
確保しなければならない当然のことだ。

一方、定数が3になり、
一人の当選だけでは勝ちではない。


何としても二人の当選が必要だ。

そのためには、自力で勝ち上がる
基礎力のある候補を擁立する必要がある。

そのために昨年の春から、党の公式の議論とは別に、
独自に戦略を考えていた。

幾つかの選択肢を非公式に当の幹部に打診した。


いずれも否定されたが、
私の心の中で、最終的にその意中のど真ん中にいたのが、
鉢呂吉雄さんだった。

出馬表明は、たった三月前と、

広い北海道の選挙区としては、

遅すぎる立気表明だった。

しかし私は、鉢呂さんの瞬発力を発揮するには
最適な出馬時期との認識だった。

色々と課題もあったが、

まさに鉢呂さんの持ち味が発揮された選挙戦だった。


公示されてからの悩みは、
現職徳永さんとの票の配分だ。

組織票を、徳永さんから移動させることは、

基本的にはできない。

組織外の票をどのように鉢呂さんに配分するか。

公示後の私の行動は、そこに力点が置かれた。


表には見えない活動だったが、
最終盤にその効力が発揮されたような印象がある。

二人当選できたのは、皆の力の結集だ。

徳永さん、鉢呂さんの自力、

そして安倍政権に対する道民の怒り、
これらの集大成が二人当選を実現させた。

本当に良かったと思う。

今朝は、ほとんど眠っていないが、

鉢呂さんと札幌駅南口で街頭に立った。


多くの皆さんと握手し、言葉を交わした。

これが政治活動の原点の一つだ。

今日からまた、新たな取り組みが始まる。

さあ今日も、確実に前進します。

=======================

 

             2016.7.11

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おめでとうございます。昨夜の開票速報みてまだ札幌地区の望みはあるがだめかなと夫と話していました。
    選対の雰囲気もなんか暗いムードが伝わっていましたし、だから残念と思って床に就きました。そうしたら朝新聞観てびっくりしました。
    夫と死に票にならずよかったと握手しました。逢坂さんもはちろさんも本当にお疲れ様でした。これからも大変でしょうががんばってください。期待しています。

  2. 逢坂誠二国会事務所の谷口と申します。
    皆さまの応援で勝ち抜けたものと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です