徒然日記

9月20日 その3315『逢坂誠二の徒然日記』(5012)

昨夕、函館薬祖神社例大祭に参列した。

その後、参拝者の皆さんと一緒に、
一献酌み交わし、今朝はちょっと頭が痛いが、
今日も、元気に活動を開始する。




1)シン ゴジラ

映画「シンゴジラ」が大人気だ。

ゴジラは空想上の巨大生物だが、

原子力発電所の重篤事故のように思われる。


ゴジラ対策で政府や官邸が、想定外を連発する。
ゴジラの影響を過小評価し、

問題を先送りしようとする。


専門家が、全く機能しない。

各省の縦割りと既成概念にとらわれて、
素早い対策が実施できない。

事態が深刻になるにつれ、

国民への情報提供がおろそかになる。

官邸や各省がうろたえる姿は、
どこかで誰かが見てきたかのような、

5年前の日本の姿を想起させる。


最終的には、その対策に
アメリカと国連が乗り出してくる。

日本の主権は、完全に蔑ろになってしまう。

詳細を記すことはできないが、

「シンゴジラ」は、娯楽映画とは思われない。

5年前の日本の、あるいは今後の日本を見直すための
貴重な資料、あるいは問題提起の映画だ。


5年前に政府で、あの震災対策に携わった
全ての方に見てもらいたい映画だ。

私たちは、常にゴジラの危機と

背中合わせにいるのだから。

さあ今日も、確実に前進します。

=====================


            2016.9.20

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です