徒然日記

10月23日 その3348『逢坂誠二の徒然日記』(5045)

函館の朝の気温は4度程度。

昨日よりも、ちょっと高め。

雲の少ない秋晴れの一日となりそうだ。

1)集団的自衛権

昨日も記したが、
政府の集団的自衛権に関する対応に
齟齬がみえる。

無理して解釈しているのだから、
当然と言えば当然なのだが、
それにしても酷い。

この点、もう少し丁寧に
明らかにしなければならない。

====


現時点で、日本では、法令上、
いわゆる集団的自衛権が、
実務上、具体的に行使できる
ことになっていると認識しているが、
その根拠法と条文は何か。


日本が行使できるいわゆる集団的自衛権とは、
具体的にどのようなものと政府は認識しているのか。


日本は、現行憲法下では、
集団的自衛権は行使できないというのが、
従来の政府の解釈だったと承知しているが、
いつの時点の何によって、その解釈が変更されたのか。

====

安保法制に関する基本的な議論が下火になり、
南スーダンへのPKO派遣という
具体的なことが課題になっている。

しかし、この間、政府は
その場しのぎの答弁に終始した印象が強い。

そこで今、改めて政府の基本認識を
整理する必要を感じている。

今日は、早朝から八雲に向かう。

さあ今日も、確実に前進します。
=====================
             2016.10.22
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です