徒然日記

2月25日 その1673『逢坂誠二の徒然日記』



昨日の都内、
日中の気温が15度をこえ、
暖かな一日になった。

完全に春の雰囲気だ。

====

今朝の最低気温は7度程度で、
夜明け前の今、弱い雨が降っている。

午後には雨が上がり、
気温は10度程度になる見込みだ。

函館は終日雪の予報で、
最高気温は零度程度の見込みだ。

1)地域とともにある学校
昨日、文部科学省で開催された、
地域とともにある学校づくりフォーラムに、
パネリストの一人として参加した。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/1314607.htm

詳細は、上記HPをご覧頂くこととするが、
学校と地域の連携が語られ始めたのは嬉しいことだ。

学校は、教育の場だけではない。

学校は、地域活動の重要な拠点となる場であり、
その活動を行うことが、
逆に本来の学校機能を高めることにも繋がるものだ。

文部科学省がこうした取り組みに力を入れるのは、
慧眼だ。

2)消えた2100億円
企業年金の運用資産2100億円が消えた
とのニュースが流れている。

独立系の投資顧問会社、
AIJ投資顧問が企業年金から預かった
約2100億円の資産の大半が無くなっているというのだ。

にわかには信じがたいことだが、
どうも事実らしい。

このため金融庁は、
資産が外部にさらに流出することを避けるため、
昨日、金融商品取引法に基づき
1カ月間の業務停止命令を出したという。

AIJは昨年3月末現在、
約120社の企業年金などから
計2101億円の運用資金を預かっていた。

この預かった資産の大半が無くなっているというのだ。

ところが、
AIJは顧客に対し、
運用で順調に利益が得られているような
虚偽説明をしていたらしい。

====

企業から、
このような資産の運用を任されている会社は、
約260程度あるとのこと。

金融庁では、同様の問題がないか
一斉に調査を進める方針とのことだ。

とにかく不可解な出来事であり、
早期の原因究明が必要だ。

今日は朝のうちに帰函し、
昼前から街宣を行う予定だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・2・25 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です