徒然日記

2月17日 その3465『逢坂誠二の徒然日記』(5162)

昨日は、午前3時から20時間、
ぶっ通しでの活動となった。

その影響で、今日は寝不足感がある。

今朝の東京の気温は2度。

空に雲はない。

日中は何と19度まで
気温が上がるようだ。

1)共謀罪

連日、新共謀罪に関する勉強会や
集会に参加している。

新共謀罪への反対の声が高まっているのは
嬉しい限りだが、まだまだ十分とは言えない。

特に勘違いされている方も少なくない。

共謀罪に反対することは、
即、テロ対策も否定していると
見ている方が多いことだ。

共謀罪は、唯一無二の完全なテロ対策ではない。

共謀罪を否定したからと言って、
テロ対策の否定ではない。

テロ対策は必要なことだ。

共謀罪に否定的な態度を取ることは、
テロ対策の否定ではない。

こうしたことも、
今後、さらに理解を深めてもらわねばならない。

2)不可解な映像

昨年12月18日にNHKで放送された
「スクープドキュメント 北方領土交渉」という番組の中で、

「これは政府幹部の打ち合わせを撮影した映像です。
外交機密が含まれるため音声は使用できません。」

とのナレーションが流れる中、
安倍総理、谷内国家安全局長、秋葉外務審議官、
今井総理秘書官、鈴木総理秘書官が、
打ち合わせをする映像が放映された。

この映像の不可解さについては、
過日、記したとおりだ。

====

これについて、昨日の総務委員会で 質問をしたが、
外務省は全く不誠実な答弁の繰り返しに終始した。

====

答弁は二つだ。

報道機関でございます日本協会の
取材、報道機関内容についてのことでございますので、
政府としてコメントすることは差し控える。

職務上知り得ることのできた秘密の漏えいなど、
国家公務員法でありますとか、
国務大臣、副大臣、政務官規範に
違反する行為はなかった
というふうなものと認識しておる。

====

私は、報道内容を問うているのではないが、
会議周辺の状況について、
全く言及しようとはしない。

秘密漏えいの懸念については、
その理由を示すことなく、
違反する行為は無かったと繰り返すのみだ。

全く不誠実な答弁だ。

今後も、この点は繰り返し
追及せねばならない。

今日は金星がマイナス4.6等と、
今年最も明るくなる。

今夕には帰函の予定だ。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.2.17  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です