徒然日記

2月18日 その3466『逢坂誠二の徒然日記』(5163)

昨夜から函館は、吹雪模様の天候だ。

今朝の気温も氷点下7度。

日中も氷点下の真冬日となる。

====

連日、早朝から国会で
様々な案件に対応している。

地元案件への対応、来客への対応、
法案質疑の準備、委員会での質疑、
質問主意書の提出、新たな政策の準備、
マスコミへの対応など、
時間がいくらあっても足りないが、
朝から晩まで、全力投球が続く。

こうした活動が精一杯できるのは、
地元の皆さんのご支援のおかげであり、
心から感謝している。

今と将来の国民と日本のために
全力を尽くさねばならない。

特に現在、地元案件に合わせて
次のような案件が
私の目の前に山積している。

共謀罪、民法、刑法、司法修習生への給費制、
PKOの記録隠し問題、国有地売却問題、
外交機密を含む映像問題、
地方行財政問題、情報通信、
介護と診療報酬等、 多岐に渡る。

国会ではこうした問題に積極果敢に取り組み、
地元では全力で多くの皆さんとお会いし
意見交換をしている。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.2.18  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です