徒然日記

3月6日 その1683『逢坂誠二の徒然日記』



昨日の都内、終日、冷たい雨が降っていた。

朝の散歩は断念したが、
午前中、どこかで散歩にと思っていた。

結局、その機会も得られず、一日が終った。

今朝は、雨は上がっているが曇ったままだ。

午前の降水確率は高い。

現在の気温は9度程度と、朝としては高め、
なんと日中は19度にも上がるとの予報が出ている。

こんな感じならコートは不要かもしれない。

1)最終講義
大学時代にお世話になった、
上田哲男先生の最終講義が、
先週の金曜に行われたと、
一昨日、伝え聞いた。

題目は、

「細胞インテリジェンスの自己組織化:
 〜 Protoplasmに魅せられて 〜 」

であり、今の私の仕事とは無縁の話だ。

もちろん講義の案内は来ない。

ところが、どうも講義の中で、私の話が出たらしい。

全くの分野違いのところに飛んで行った
あぶれ者として紹介されたのだと思うが、
それでも、
30年も前の学生のことを覚えて頂いており嬉しいことだ。

思い出せば、上田先生には、
毎日の実験で随分と厳しい指導を受けた。

そのことが現在の、
私の行動の基本になっていることは間違いがない。

先生の厳しい指導に心から感謝したい。

上田哲男先生の
退官後のさらなる活躍を祈っている。

2)削減
2013年度の国家公務員採用数を、
政権交代前に比較し40%削減する方針が報道されている。

これは容易ならざることだが、
総理がトップを務める会議で確認されたとのことであり、
その方向で進むことになると思う。

議員歳費は、来年度以降も、
今年に引き続き年間3百万円の削減となる見込みだ。
これは比率にすれば、マイナス14%程度となる。

厳しい情勢を反映して、「削減」の二文字が躍る。

次は、我々が掲げている、
議員定数の削減に向かわねばならない。

今日は、朝から総務委員会等が予定され、
天候は大丈夫でも、朝の散歩は難しい。

天候と時間の余裕が折り合わず、なんとも残念。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・3・6 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です