徒然日記

5月24日 その3561『逢坂誠二の徒然日記』(5258)

昨日は、いつもよりも少ない3時間の睡眠で、
国連の特別報告者からの総理宛の書簡を読み、
本会議に備えた。

本会議では、その書簡を基本にして、
反対討論を行った。

激しい野次が飛び交うなか、
与党の皆さんには、
国連特別報告者の書簡の内容は
全く理解されていない感じだ。

理解されていないというよりは、
書簡も読んでおらず、
とにかく書簡を批判する、
そんな議員が多いのだと思う。

審議時間の積み上げ
ありきではない議論をしたいのだが、
会期内成立を目標としている与党からは、
そうした雰囲気は一向に感じられない。

日本の民主主義のあり方が問われている。

====

特定秘密保護法、武器の輸出、安保法制、
原発の輸出、共謀罪、そして総理の憲法改正論、
これら全体から日本がどんな国になるのか、
総理にはそうした全体像をキチンと語ってもらいたい。

一方で、その全体像を聞くのは
相当に恐ろしいことのようにも思う。

昨日の本会議以降、
相当な脱力感に襲われているが、
今日から新たな戦いの始まりだ。

気力、体力を充実させて、
さあ今日も、確実に前進します。
== 2017.5.24 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 共謀罪の法案につきまして、相当な悔しさを抱えつつ、一連の衆議院審議を終えられました点につき、まずは敬意を表します。
    委員会の先生方の真剣な討論記録は議事録として後世の公共財として残ります。
    これで事態終結とはならないわけですし、仮に法案成立が強行されたとしても、法律運用の監視を続けることで、法律改正やその実質廃止の機会が訪れることもあろうかと思います。
    活動を仕切り直しの上、更なる活躍をお祈りします。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です