徒然日記

7月7日 その3605『逢坂誠二の徒然日記』(5302 )

九州等の豪雨によって被災された皆さんに、
改めて心からのお見舞いを申し上げます。

福岡、大分両県では6人の死亡が確認された。

少なくとも両県で18人が安否不明の状態だという。

福岡県で300人超が孤立。

警察や自衛隊が捜索や救助活動に当たっている。

一刻も早い救助を祈っている。

====

昨朝、いつものように三箇所で、
街頭活動を行なった。

幾人かの方から激励の言葉を頂いたが、
本当に有り難く思う。感謝、感謝。

1)稲田大臣

九州豪雨の捜索救助に自衛隊があたっていた昨日昼、
稲田朋美防衛相が「政務」を理由に約1時間、
東京・防衛省を不在にしていたと報道されている。

大臣、副大臣、政務官の政務三役全員が、
不在だったということで危機管理に対する認識が甘い。

省内から「隊員が必死で活動しており、士気にかかわる」
との声も上がっているという。

確かに士気にも関わるだろうし、
繰り返すが危機管理に対する
基本的備えができていない。

このことを問われても、
稲田大臣は無言状態だったというが、
改めて稲田大臣は、防衛大臣としては不適格だ。

安倍総理は稲田大臣を次の内閣改造で
交代させる意向だろうが、 そんな猶予はない。

即刻、辞任すべきだ。

====

これまでの稲田大臣の問題発言等は以下。


「防衛大臣、自衛隊としてお願いしたい」
自民党の都議選立候補者の集会で、
「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」
と応援演説。

自衛隊法で制限されている、
選挙権の行使以外の政治行為を
自衛隊員に呼びかけた。

公務員が地位利用して
特定の候補者を応援する行為を禁ずる
公職選挙法にも違反する疑い。


「グッドルッキング」発言
6月3日、
「アジア安全保障会議」で、
オーストラリアとフランスの国防大臣と
一緒に壇上に上がった際、
「私たち3人には共通点がある。同世代。
そして全員がグッドルッキング(美しい)」と発言。

公の場で容姿の良し悪しに言及し物議。


森友学園問題
森友学園との関係を3月13日、
籠池泰典氏夫妻から「法律相談を受けたことはない」
「裁判を行なったこともない」などと答弁した。

翌日14日、民事訴訟で学園の代理人弁護士として
出廷していたことが判明し、
それまでの発言を撤回、謝罪。


南スーダンPKO日報問題
南スーダンでのPKOに参加した陸上自衛隊が、
「戦闘」という言葉を使って日報に記載していた。
2月21日の国会で
「(『戦闘』という)憲法9条上の問題になる言葉を
使うべきでないから、『武力衝突』という言葉を使っている」と答弁。

自衛隊の派遣を憲法違反にしないために
言い換えていると問題視。

====

この日報は、当初、
廃棄し存在しないとされたが、
後に存在が確認された。

意図的に隠蔽しようとした疑惑もあり、
稲田大臣が調査を確約したが、
問題発生から相当な時間が経過しても、
その概要すら発表されていない。


靖国参拝
2016年12月29日、靖国神社を参拝。
安倍総理晋がオバマ大統領と真珠湾を訪ね、
両国の「和解」と不戦の誓いを示した翌日。

外交への影響を懸念する声が上がる。


白紙領収書問題
他の国会議員の政治資金パーティーに出席し、
白紙の領収書を受け取り、
金額をあとから自らの事務所で記入していたことが判明。
2016年10月6日だ。

政治資金規制法は金額や日付、
目的が記載された領収書を受け取るよう規定。


「核保有」検討発言
20112年の雑誌「正論」の対談で、
「長期的には日本独自の核保有を
単なる議論や精神論ではなく
国家戦略として検討すべき」と発言。

2016年8月3日の防衛大臣就任会見で、
「現時点で核保有を検討すべきではない」と述べたが、
将来の核保有を否定していない。

====

稲田大臣に関しては、
これほど問題だらけなのだ。

改めてこんな大臣は、即刻、辞任だ。

今日は、七夕だ。

北海道の多くの地域では8月7日が七夕だが、
函館は本州と同じく今日が七夕だ。

市内のあちらこちらで七夕飾りが目につく。

今夜は、大勢の子どもたちが、
近所の家々を回ってお菓子を貰って歩くことだろう。

昨日、午後、会議があり国家入りしたが、
今日、帰函し、地元活動に専念する。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.7.7 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です