徒然日記

4月1日 その1709『逢坂誠二の徒然日記』



平成24年度、新年度のスタートだ。

函館は、青空が広がっているが、
気温はマイナス4度程度。

路面は凍っている。

レースの薄っすらと雪が被っている。

====

昨朝、帰函予定だったが、
飛行機が満席で搭乗できず。
空港で2時間半近く次の便を待って、
やっと搭乗できた。

結局、午前の面談の予定を繰り延べさせて頂き、
何とか予定通り日程をこなすことができた。

1)オープン・ミーティング
昨日の木古内は、なごり雪が舞っていた。

そんな中でのオープン・ミーティングに、
多くの皆さんに参加頂いた。

====


介護保険料が上がる等
負の情報が多い


国民年金だけで生活している人にはつらい


民主党への信頼感が低下している中で、
次の選挙をどう戦うつもりか


オープン・ミーティングも重要だが、
広く大衆に訴える街頭活動も重要


地元首長の事務所開きなど、
なるべく多くの場面に顔を出すべき


函館江差道の木古内に向けての工事促進を


除雪経費に対する国庫支援への感謝


社会保障と税の一体改革議論の結末が
強行的だったとの印象があるが実態は如何に


がれき処理は地元で行うべき
(特に放射性がれき)


被災者受け入れに対する問い合わせに
八雲町が丁寧な対応


TPPに対する考え方は


政権交代後、
交付税に配慮があり財政が一息ついた


交付税に加え診療報酬も増額され
国保病院も多少落ち着く


介護報酬は在宅重視のため
施設経営が厳しい


燃油高騰対策が必要だ


将来の地震に対する情報をハッキリ出すべき、
合わせて地方回帰の政策を


過疎化が進んでおり、大企業誘致を


国会中継でどうかと思うやり取りが多く
議員定数の削減を


国会議員のテレビ出演のルールはあるのか

====

以上をはじめ、
ざっくばらんに意見交換ができた。

木古内町では、
新幹線工事が町内各地で進んでいる。

2015年度の開業に向け急ピッチの取り組みだ。

今日も函館での活動だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・4・1 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です