徒然日記

4月2日 その1710『逢坂誠二の徒然日記』



昨夕、
地元での仕事を終えて、
都内入りした。

====

夜明け前の都内、
空には雲がなく地平線付近が
徐々にオレンジ色に染まって来た。

日の出まで、
いつまでも眺めていたいくらい、
スッキリとした空だ。

====

冬至のころの日の出は
6時50分頃だったが、
今日の日の出は5時26分、
随分と早くなっている。

6月の夏至の頃になると、
さらに今よりも1時間も日の出が早くなる。

その頃、東京は4時20分台だが、
北海道はもっと早くて3時50分頃になる。

====

今の都内の気温が7度程度、
日中は14度位まで上がるとの予報が出ている。

新年度のスタートに相応しい
ポカポカとした日差しが降り注ぐ一日になるだろう。

1)諸行無常
昨日参加した会合で、
人生について、
さらに諸行無常について考える機会を頂いた。

====

諸行無常とは、
「この世にあるすべての物は
 たえまなく移り変わっていて
 常住するものの全くない」ことの意味だ。

諸行:全てのもの
無常:つねに変化する

諸行無常を知り、
貪欲(とんよく)を捨てることの大切だ。

「生住異滅」

ものが生まれ、とどまり、変化し、消滅する、4つのあり方。

====

聖徳太子の言葉、
「世間虚仮 唯仏是真」も同様の言葉だ。

「変化してやまない迷い多きこの世は仮のものであり、
 唯一、仏の世界のみが真実である」

このことを知らしめることで、
自他ともに仏の世界に至ることができる。

この世の中に執着する価値のあるものは皆無。

====

「一切皆苦」

「苦」の原語は、パーリ語のドゥッカ(dukkha)。

「苦しい」という意味以外に、
「不安定、不完全、不満足、虚しい」等の広い意味があり。

「一切皆苦」は、
「すべての存在は不完全であり、
 不満足なものである」との意味にもなる。

不完全であるから、
常に変化して止まることがない。

永遠に存在するものはない。

全ての存在は、
思いどおりにならないものだ。

====

人生とは、
食べて、寝る以外は、暇つぶし。

ありのまま、あるがまま。

====

主観的に生きる人間を
客観的に見るのが仏教の智慧。

====

以上のようなことをノートさせて頂いた。

日ごろは、具体のことばかり、
時間にせつかれながら、
刹那的にものごとをこなすことが多い。

そんな中で、
ゆっくりと人生を考える時間を頂いた。

心から感謝している。

2)転向
ドイツは、
昨年3月11日東日本大震災による
福島原発事故のわずか四カ月後に
「2022年12月31日まで原発全廃」を決めた。

これは実に素早い判断だ。

この背景には、
40年にわたる準備と議論があったからだと言う。

この一連の経過について、
熊谷徹著『なぜメルケルは「転向」したのか』(日経BP社)
に詳しく書かれている

ドイツと言えばビオトープや自然エネルギーなど
エコロジーの国とのイメージが強い。

しかし丁寧にドイツの取り組みを見ると、
一足飛びに自然エネルギーへの方向が
定まったわけではない。

ドイツでは、
いつの時代もエネルギー問題について、
激しい議論をしている。

その幾多の議論の積み重ねがあったからこそ、
福島原発事故からたった四カ月に
原発全廃を決められたのだという。

====

今回の原発全廃の決定を大きく左右したのは、
科学技術の専門家の意見ではなく、
科学技術の専門家ではない倫理的な側面から判断だった。

もちろん専門家の意見もたくさん聞いているし、
ストレステストも次の10項目について行っている。


地震


洪水


その他の自然現象(気候変動など)


停電(ステーション・ブラック・アウト=SBO)
「2時間を超える場合と72時間を超える場合に分けて分析」


冷却システムの停止


航空機の墜落
(物理的な衝撃に対する耐久性と、航空燃料による火災への耐久性)


ガスの放出
(可燃性ガス、有毒ガス)


ガス爆発


テロ攻撃による重要なシステムの破壊

10
サイバー攻撃

====

このストレステスト等の結果、
ドイツの原子炉には高い耐久性があると言える」等、
原子炉の廃止とは違う結論を出している。

戦後のドイツでは「科学と倫理」の
バランスをチェックすることが重要な課題になっている。

これは、カナダなどにおける、
民主的な議論の過程でも重視されていることだ。

====

ドイツでは専門家が、
「安全性の問題があるので原子炉を廃止する必要がある」とは
報告しなかったのだが、
倫理委員会、つまり原子力技術のプロではない人々が、
次の報告をした。

「福島事故は、原発の安全性について、
 専門家の判断に対する国民の信頼を揺るがした。
 このため市民は、
 『制御不可能な大事故の可能性とどう取り組むか』
 という問題への解答を、もはや専門家に任せることはできない」

時間の都合で、
あまり多くを紹介できないが、
四カ月間に、人間中心主義の考え方などを含め、
相当な議論を積み重ねて
ドイツでは原発全廃を決めたのだ。

====

筆者の熊谷さんは、日本では、

「エネルギー政策について
 刀で切り結ぶような白熱した議論も行われていない」

と指摘する。

日本のことを「木を見て森を見ない社会」とも指摘する。

====

この本は、
メルケルの転向という内容以外に
実に多くの示唆に富むことが書かれている。

刀で切り結ぶような議論をしなければならない。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・4・2 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 私の本を読んでくださり、どうも有難うございました。大変詳しいご感想を書いてくださり、心から感謝いたします。お元気でお過ごし下さい。

    熊谷 徹

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です