徒然日記

8月26日 その3655『逢坂誠二の徒然日記』(5352 )

函館は、雲が多いが、
その切れ間から青空がのぞく朝となった。

今日の予想最高気温は26度程度。

夏日となる見込みだ。

1)プルトニウム

現在、日本は、48トンの
プルトニウムを保有している。

これだけのプルトニウムがあれば、
数千発の原子力爆弾を作ることができる。

もちろん日本は核兵器保有国ではないため、
今のところ原子力爆弾を作ることはないし、
国際社会にもそう説明している。

しかしこれほどのプルトニウムを抱えていると、
その説明に説得力はない。

さらに現在、日本は18,000トンの
使用済核燃料を保有している。

この使用済核燃料は、
青森県の六ケ所村で再処理され、
さらにプルトニウムを取り出すこととしている。

つまりさらにプルトニウムが増える予定だ。

そこで国際社会に対し、
日本は核兵器を作らず、
このプルトニウムは発電に使うと表明している。

そのプルトニウム消費の最大の発電所が大間原発だ。

しかし大間では、最大で年間1.1トンの
プルトニウムしか消費できない。

現有48トンのプルトニウムを消費するだけでも、
相当の年数を要する。

それにも関わらず使用済核燃料を
再処理してさらにプルトニウムを
取り出すのはおかしなことだ。

このプルトニウム使用は、
アメリカとも合意していることだが、
日本が使い切れないほどの
プルトニウムを抱え込んでいる現実を、
アメリカが真に理解しているのかどうかは曖昧だ。

日本がプルトニウム消費を理由として、
発電上、必要のない大間原発を動かすことは、
安全上からも、コストの上からも愚かなことだ。

来月、渡米しアメリカの国会議員や政府関係者に、
こうしたことを少しでも説明したいと思っている。

今日は、函館、北斗、八雲、せたなと、
管内を走り回る予定だ。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.8.26 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です