徒然日記

9月23日 その3684『逢坂誠二の徒然日記』(5381)

昨夜、帰函した。

総選挙の公示日まで、
今日を含めて17日だ。

実にわずかな期間しか残されていない。

総理は常に解散のタイミングを
うかがっているものだと思うが、
今回、安倍総理はあらかじめ特にこの時期に
狙い定めて解散をしたわけではないだろう。

民進党の代表選挙後の状況などを見定め、
自民党に有利な条件が一気に整った、
その間隙を縫っての解散判断だと感ずる。

しかも11月上旬には、
トランプ大統領が来日する。

その時期までに組閣をする必要がある。

そうなれば選挙は来月22日が最適、
29日ならば組閣日程が窮屈になる。

そんな判断なのだと思う。

その結果、解散から公示までが、短い日程となった。

それにしても安倍総理という方は、
言行が一致しない方だ。

言葉では国民に丁寧に説明すると言いながら、
実際には何も説明しない場面ばかりだ。

困ったことだと思う。

====

今後、北朝鮮情勢が厳しさを増すから、
今の時期しか解散できない等という方がいる。

これも酷い話だ。

北朝鮮情勢が厳しいならば、
今、解散して政治空白を作る
いとまはないはずだ。

今後、厳しさを増すとは、どういうことなのか。

今後、厳しさを増さないように、
事態の収拾、収束に全力を尽くすのが、
政府の役割だろう。

それを政府自らが、殊更に煽り立てて、
政治利用しているように思われてならない。

こうした安倍総理の嘘にも騙されてはならない。

今日も早朝から活動を開始する。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.9.23 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です