徒然日記

10月4日 その3695『逢坂誠二の徒然日記』(5392)

公示日まで6日となった。

民進党の前原代表が、
今回の大混乱について、昨日、
「全てが想定内だ。
自分の判断は正しかったと思っている」
と強調したと報じられている。

政治の世界は何でもありだし、
今回の判断は副作用の極めて強い
劇薬であることは繰り返し述べて来た。

しかしこの時期に、前原代表自身が、
全てが想定内と言い切るべきか。

仮にそれが本当だとしても、
いやそれが本当であるならば本当であるほど、
この言葉は、後の時代に状況が落ち着いてから
回想的に言うべき言葉だろう。

今、この時点でこの言葉を吐くことは、
苦し紛れの言い訳か、
手柄を焦る見栄にしか聞こえない。

あるいはご自身の弱さの現れかもしれない。

この騒動の渦中で
大きな迷惑を被っている方々の
怒りの火に油を注ぐものだ。

まあそんなことは、
もう私にとってはどうでも良い。

私なりに私の信念を貫いて進んで行きたい。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.10.4 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 軸がブレないこと 軸を支える信念がつよいこと。

    少しでも信念が揺らいだ時 弱さが出ます

    仰る通り 今話すことじゃない
    せめて来年の今頃ですよね

    気温差の大きい今週です。
    お身体 大事に
    スタッフの皆さんも お大事に!

  2. 信じてます。
    何もかもこの選挙でさえ誰かのシナリオでは・・・と信じれることが少ない毎日に、投票さえいやになります。
    比例政党は????
    もう少し考えて報道に惑わされないようにしたいと思います。

  3. 前原さんがいう想定内なら
    もう少し対策がとれたはずです。
    未必の故意にしか見えません。
    ぶれない市民の代表を
    応援します。

  4. 選挙区外の人間です。
    逢坂議員の心情は理解しています。
    しかし、比例もあります。この国には立憲民主党の議席が絶対に必要です。
    本当は立憲民主党の公認で闘っていただきたい。
    必ず当選し、活躍してください。願っています。
    あなたはこの国に必要な方です。

  5. 今までの発言から、きっと立憲民主党からと
    期待していましたが非常に残念です。

    当然対抗馬が立たされるよりは、ない方がいいですからね。
    でもそれを、子供に胸を張って言えますか?

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です