徒然日記

10月21日 その3712『逢坂誠二の徒然日記』(5409)

明日、いよいよ投票日だ。

夜明け前の函館は、
ちょっと強めの雨が降っている。

今日で選挙運動は終了だ。

この11日間、厳しい選挙戦だったが、
多くの皆さんの応援や支えがあって、
何とか今日まで戦いを進めることができた。

本当に有り難く思う。

今日は選挙運動の最終日だが、
私の気持ちの中では道半ばだ。

私の思いをさらに訴えて、
少しでも支持を広げたいと思う。

1)主役は国民

今回の選挙戦を通じて、改めて痛感している。

選挙の主役は私ではない。

選挙の主役は国民の皆さんだ。

選挙の一票を通して、
主権者としての権利を行使する。

そして大きな政治の流れを作る。

国民の皆さんこそが、その主役なのだ。

私のような立候補者は、
主役の皆さんの判断の材料を提供する役割に過ぎない。

====

ここで有権者と書かずに
あえて国民と書く理由はこうだ。

今回の選挙では、
幼稚園児、小学生、中学生、高校生に
声をかけられる場面が多かった。

そうした方々は、
選挙戦に大いなる関心を持って、
私に接してきている。

ある中学生は、
今、学校の授業で国会のことを学んでいる。
だから特に私に近寄ってきたという。

有権者のみではなく、
選挙権のない皆さんも含めて、
この選挙の大きな世論、
流れを作っていることを強く感ずる。

子供たちは、単に選挙権が無いだけで、
選挙からも多いなる影響を受け、
選挙に対しても様々な思いを持っているのだ。

だからこそ、選挙の主役は有権者ではなく、
全ての国民の皆さんだと感ずる。

今回の選挙戦で、こうしたことを痛感している。

明日は、選挙運動ができない投票日だ。

選挙運動と誤解されることの無いように、
日記の発行、ツイッターの呟き、
フェイスブックの更新など、
ネットによる一切の発信を休止したいと思う。

ご了承頂きたいと思う。

今日は、選挙カーにも乗るが、
市内を歩く場面も多い。

まさに「#逢坂が来た」状態だ。

だから何とか雨が上がって欲しいと思う。

さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進 します。
==  2017.10.21 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます、もう活動中でしょうが最終日です!寒い☔をふり飛ばす勢いで全身全霊を掛け頑張って下さい?

  2. 最終日頑張ってください。
    応援しています。
    未来のある若者のために
    大人はブレズに流されず

  3. 最後の一日、一言、ひとことが、皆さんの心の奥まで届くことを願っています。
    今日、中島廉売の時間帯に、駆け付けたいと思っていましたが、雑用が入り断念。
    昼食はしっかり食べられましたか?
    森町は、雨がパラパラ、日差しが少し出たり曇ったり。雨が降らないように願うばかりです。それでも、寒さだけは、味方してくれています。
    市内の親戚、友人、皆さん「おおさか応援団」です。苦戦している知人数名、午後からも
    人粘りです。
    さあー、午後からも頑張りましょう!!
             森町  高佐 幹雄 [千尋のいとこ}
    17日、AM8時30分ごろ、鹿部に向かわれる途中だと思いましたが、砂原地区のガソリンスタンドで止まっている逢坂さんを見つけ、止まって握手させていただきましたが、支えてくれている、スタッフの皆さんに、「ありがとうございます」の挨拶が出来なかったのが
    心残りです。

  4. 早々と当確おめでとう㊗️ございます
    私は1区ですが、倶知安高校のOBとして活躍期待しています

  5. ご当選おめでとうございます。
    選挙速報をテレビで観てましたが、
    逢坂さんの当選の速報を知り、大変嬉しく
    お祝い申しあげます。
    これで国会にお戻りになれますので、
    これからのご活躍と、ご健康をお祈り致しております。
    スマホ持ってませんので、こちらに書かせていただきました。
                          出田

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です