徒然日記

10月23日 その3713『逢坂誠二の徒然日記』(5410)

昨日の選挙の結果、
小選挙区で 勝利をおさめることができた。

多くの皆様のお支えの賜物と、心から感謝している。

また公示前に明確にしていたとおり、
今後は、立憲民主党の一員として、
国会活動に邁進することになる。

====

台風が猛威をふるっている。

今朝は、三箇所での街宣を予定しているが、
風雨が強まっており、
中止せざるを得ない状況だ。

なんとも残念だ。

====

ところで公職選挙法は、
選挙後の当落に関する挨拶を
制限する厳しい規定を設けている。

==公職選挙法178条抜粋==

何人も、選挙の期日後において、当選又は落選に関し、選挙人に挨拶する目的をもつて次に掲げる行為をすることができない。

一 
選挙人に対して戸別訪問をすること。

二 
自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書並びにインターネット等を利用する方法により頒布される文書図画を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること。

三 
新聞紙又は雑誌を利用すること。

四 
第百五十一条の五に掲げる放送設備を利用して放送すること。

五 
当選祝賀会その他の集会を開催すること。

六 
自動車を連ね又は隊を組んで往来する等によつて気勢を張る行為をすること。

七 
当選に関する答礼のため当選人の氏名又は政党その他の政治団体の名称を言い歩くこと。

====

このように挨拶は厳しく制限されている。

この規制は、
お礼の過当競争を防止により、
選挙の公平と選挙費用の軽減を
実現することが目的。
御礼活動をする資金がない候補者が
不利にならないよう配慮する必要から
この規定が設けられた。
御礼のための戸別訪問は、
事後買収などの疑いを防止することも禁止の目的。

====

選挙後に挨拶が無いなどの批判もあろうが、
その背景には、こんな規定があるのだ。

ただし次の行為は、良いとされている。

====

自筆による信書
(不特定多数人に宛てた文書は禁止。)

選挙人からの当選の祝辞、
落選の見舞などの答礼のための信書
(自筆でも印刷でもさしつかえない。)

インターネット等を利用する方法によるあいさつ行為
(自身のホームページ等において
当選又は落選に関するあいさつを記載することや、
電子メールを利用して当選
又は落選に関するあいさつをすること。)

====

このように当選後の挨拶には色々と規制がある。

今回の当選に浮かれることなく、
平常心を保ちつつ、
冷静かつ沈着、しかし大胆に、
選挙中に話したことを確実に実現できるよう、
さらに現下の混乱した政局の中で、
キチンと政党として力を発揮できるよう、
全力を尽くしてまいりたい。

さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進 します。
==  2017.10.23 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 昨夜8時過ぎの早々の当選確実の報を聞いて安心しました。
    ほんとうにおめでとうございます。
    しかし打倒安倍政権は自民党大勝で打ち砕かれました。
    ますます思いどうりの政権運営をやって、改憲に向かっていくのでしょうが、
    これは国民がそれを選択したのですから、安倍さんには、少しでもいい日本に
    なるようにしてと祈るしかありません。
    逢坂さんは休む暇もなくお仕事されるのでしょうがどうか十分健康に気を付けられ
    ご活躍ください。

  2. 当選おめでとうございます。
    お疲れ様でした。
    全体の結果は厳しいと思います。
    ただぶれない、市民の力はある意味民進党で共闘に否定的な方にも
    わかったのではないかと思います。
    これからがスタート応援していますではなく
    一緒にがんばりましょう

  3. 遅くなりましたがご当選おめでとうございました。これからも地域の為、国民の為にご尽力をご期待しています?万歳!万歳!!

  4. 当選、おめでとうございます。
    今後、今まで以上に国民の為に頑張って下さい。
    お体に充分に気を配って下さい。本当に良かったね。

  5. 勝利を収められ、心よりお慶び申し上げます。
    立憲民主党の一員として、国会活動に邁進されるという心強い表明に、
    大変嬉しく思っております。
    安倍政権にこの国を好きなようにさせてはならないという思いで、
    「立憲民主党の街頭演説会FINAL新宿」に行って来ました。
    私等は一粒の砂ですが、2015.8.30の安保法案反対の意志を示すため国会前に行きました。そのときと同じ気持に動かされ、演説会に参加しました。枝野さん、福山さんの演説に心打たれ、逢坂さんがご一緒に活動されていかれる事に、混沌とした世の中に一すじの光明を見た思いでおります。先々、立憲民進党が政権を取ることを、切に願っております。
    逢坂さんのご活躍を応援しながら、見守っていかせて頂きたいと思っております。これからご多忙な日々が続きますが、くれぐれもお体にも配慮されて、国民の為、北海道の為ご活躍ください。
                          出田

  6. 逢坂誠二先生
    当選おめでとうございます。
    アジアの平和、自主の日本、地域の自立のために、今後ともご指導ください。
    自主・平和・民主のための広範な国民連合
    事務局長代行山本正治

  7. お目出とう御座います!

    逢坂さんのお姿を見つけるのは 何時も?や?の中です。

    我が家の方に何度も?来られるのは自民党候補者なので、直に「信頼してます。頑張って下さい!」と伝えられないのが残念でなりません。

    夫婦で応援しておりますo(^o^)o

  8. 逢坂さんが当選して本当に良かった、でも、逢坂さんにはおめでとうは言えません。権力が掟破りをすることを快挙扱いする権力志向の人たちに支えられた安倍一強の衆議院で良心を保てる議員であることはむしろかなりの苦難が伴う仕事になるだろうからです。私たちの代わりにつらい修羅場に出てもらってすみません、ありがとうという気持ちです。北海道8区の人たちには、逢坂さんを衆議院に送り出せておめでとう、よかったと言えます。ちなみに逢坂さんが町長をしていたニセコ町の神仙沼の紅葉を見たいと思っていて日にちのやりくりを考えているところです。

  9. ご当選おめでとうございます。
    選挙期間12日間の疲れを癒す間もなく悪天候の中、いつもと変わらず街頭に立つ姿勢を多くの市民等は見ています。当選を受けて立憲民主党から公認追加されました。
    無所属では仕事ができないと言われ続けた悪評判を跳ね返しましょう!
    ブレズに、曲げずに、国民のための国民の政治に向けて取り組んでください。
    引き続き、応援します。

  10. おつかれ様です。
    当選おめでとうございます。
    常に謙虚に誠実に世の中と向き合い、邪なところなく
    私心に驕るところのない逢坂さんのお人柄がよくわかる選挙選でも
    ありました。
    日本の政治は背徳と欺瞞に満ち満ちていることを知る度に
    失望しては気持ちを立て直す日々でした。
    でも枝野さんが新党を立ち上げてくださり、心ある日本の柱となる
    政党ができて、逢坂さんも入党されるということで心強く
    本当にまだ日本は救われる道が残っていてよかったと
    心から感謝しています。
    安部政権は独裁と評されてきましたが
    色々読みますと専制君主制を仰ぎ見て中世を規範にとっていらっしゃるようです。
    ご自分を君主と思われているのであれば
    国民を下にみる政治、憲法は無視、領主の意向こそ全てという与党の構図
    政治方法論も納得できます。
    専制君主制が素晴らしいという方々と現代の民主主義を規範に事を進める方々では折り合わなくて当然ですし、
    議席配分が不平等ではと思います。
    一党に偏らない、平等な議席配分を希望します
    日本の平和と恒久的な安心の為に民主主義を日本に取り戻せるよう
    願っております。

  11. 度々失礼します。
    当方のコメントは読んで頂けましたら承認せずに留めて頂ければと
    思います
    (掲載希望ではありませんので読んで頂けるだけで十分なのです)

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です