徒然日記

18年1月11日 その3793『逢坂誠二 の徒然日記』(5490)

東京は晴れの朝だ。

夜明け前の気温は氷点下1度。

昨日は早朝から夜まで、
国会でフル回転の1日となった。

机上の書類などは、
昨年から全く手付かずの状態となっており、
執務室というよりは、倉庫状態になっている。

何とかしなければならない。

1)原発ゼロ基本法案

小泉、細川両元首相らが顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」が昨日、国内すべての原発を直ちに停止する「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表した。
#原発を即時に停止
#再稼働や新増設を禁止
#2050年までに電力の全量を再生可能エネルギーで賄う
#核燃料サイクル事業からの撤退
#原発輸出の中止
こんなことを内容としている。
====
多少言葉、法文上の言い回しの違いはあるが、立憲民主党が検討中の法案の方向と一致するものであり、原自連とも連携しつつ、法案づくりを進めることは現実的なことだと思う。
立憲民主党としては、早い時期に原発ゼロ基本法案骨子案の党内合意を取り付け、全国数カ所を回ってタウンミーティングのような活動を通して、法案化の作業を行う予定だ。
連携できるならばなるべく広く各党との連携も模索しながら三月の上旬には、国会に法案を提出したいと考えている。 

予算委員会、
エネルギー調査会など 全力投球だ。

さあ今日もブレずに曲げずに、         
確実に前進します。
==== ===
     2018.1.11
=======

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. あけましておめでとうございます
    上記法案説明会の様子のTV放送で、議員が上座で出席され、ご活躍されている姿を拝見いたしました。 当職も今の職場で時にへこたれそうになりますが、勇気をもらっております。 今後益々のご活躍をご期待申し上げます。
    なお、先日(9日)鉢呂先生が当職場を来訪された際、干場秘書が同行されました。 余市事務所在職中にお世話になった方でしたので、びっくり致しました。 お会いする事があればよろしくお伝えください。 

  2. こんばんは。
    今日は息つく暇も無いほどお忙しく、ツイートも出来ませんでしたね。
    ちゃんとお食事なさってますか。

    原発ゼロに向ってのご努力、本当にありがたい事と思っています。
    立憲民主党に逢坂さんが居て下さるからこそ、前に進んで行けるのだと思います。

    「原自連と連携し、各党との連携も模索しながら」と、お聞きすると、いろいろと暗いニュースのお正月でしたが、心にポット明るい灯が点った気持になれます。
    これからも、粘り強く困難を克服しながら、十二分に頑張ってる逢坂さんに申し上げるのは酷ですが、お体気をつけながらよろしくお願いいたします。

                            出田

  3. 原発ゼロと原発輸出と真っ向から対立する話題で注目された原発稼働についてTwitterでアンケートをしていました。
    https://twitter.com/hfkghjhg11/status/951217394625667072
    自民党政権を続けさせる為に、多くの人はダメだとわかっていても止めると不安になる原発依存症から抜けきれていないようです。

  4. 前のコメントの説明不足だったので捕捉です。
    自民党は原発推進する事で長期政権を取る事が出来たのではないかと思います。原発が国民に受け入れられるよう、戦後の経済成長は原発によってインフラが整備されたおかげだと啓蒙し、今では原発は未来がないとわかっていても止めると不安になる原発依存症に多くの国民がなっているのではないかと思います。
    という事が伝えたかったのです!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です