徒然日記

18年1月31日 その3813『逢坂誠二 の徒然日記』(5510)

昨日、補正予算が衆院を通過した。

しかし今回の補正も急ぐ予算は少ない。

来年度当初予算に含めても問題がないものが多い。

だから反対せざるを得ない。

しかも我々が求める参考人、
例えば佐川国税庁長官の招致に、
与党は一切応じようとはせず、
質疑も十分なものとは言えない。

採決に応ずる条件は整っていない。

しかし与党筆頭から、
本予算審議での参考人招致は、
誠意を持って最大限努力するとの 確約があり、
採決には応ずることになった。

====

今日以降、本予算審議の日程議論になる。

ここでも与党は横暴だ。

明後日2日にからの審議入りが提案された。

私も慣例通りの与党2、野党8の質疑時間なら、
その審議入りで問題がないが、
与党はそれはダメだという。

与党の審議時間を大幅に増やすことが前提なら、
審議の日程やあり方について、十分な議論が必要だ。

だが与党は、
2日の審議入りを前提にした議論でなければ、
受け入れられないという。

何とも理不尽な状態が続く。

====

朝から晩まで国会活動に没頭している。

昨夜、私の出ているテレビを見た方から、
散髪に行くべきとの連絡を頂いた。

散髪に行く時間もないのが現実だが、
少しは休まねばならない。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==== ===     2018.1.31=======

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 散髪に行く暇も無いくらい頑張ってくださっていると思いながら見てました

  2. 寝る前に逢坂先生の日記にコメントを書くのを楽しみにしているので、昨日はどうしたのかと凄く心配しました。でも今朝あってよかったです。逢坂先生のされていることは本当に共感ができて、どうにか周りにも伝えたいと思うのですが、私が微力すぎて申し訳ない思いがします。しかし微力ながらも応援し続けていきますので、お身体を大切にしてください。散髪は私は全く気になりませんでした。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です