徒然日記

18年2月23日 その3836『逢坂誠二 の徒然日記』(5533)

疲労感が極限に達している。

早朝から夜遅くまで、
予算委員会三昧の日々を送っているため、
確かに体はきつい状態だ。

だがこの疲労感は、そのためばかりではない。

政府のあまりに酷い対応と答弁に接し、
国民に対する誠実感のなさ、
それに愕然とするのだ。

肉体的疲労感以上に、
政府のデタラメな対応に対する
精神的なダメージが大きい。

1)誤ったデータ

今国会で安倍政権が最大の焦点とする
働き方改革、特に裁量労働制議論に関する、
データに次々と誤りが見つかっている。

・1日の残業時間が24時間以上

・ひと月の残業時間が1日の残業時間よりも短い

こんなデータが見つかっている。

14日の時点で無いとされた調査の原票も、
厚生労働省の地下から見つかったという。

政府の杜撰な対応が次々と明らかだ。

しかし加藤大臣は、
このデータを提出した
労政審での議論をやり直す考えはないという。

誤った数値を含み、
調査条件の違うデータを説明もなしに、
政府は労政審に提出した。

不完全なデータを労政審に提出したのだから、
その議論をやり直すべきと指摘したが、
やり直す考えはないという。

労政審には専門家が参加しており
条件の違うデータなどを
一つ一つ説明する必要はないという。

酷い話だ。

政府自身も、
条件の違うデータを比較できないものと知らずに、
この三年間、裁量労働の勤務時間が
短いとのデータもあると説明を続けていた。

そして今回も総理も大臣も、
それに関する答弁を撤回し謝罪したのだ。

それにも関わらず、
労政審での議論や結論を見直すことはないという。

これほど労政審の議論を軽んじて良いのか。

労働政策議論の正当性が大きく問われることになる。

今日も、予算委員会厚生労働分科会で
この問題に関し加藤大臣と議論する。

また総務分科会では、
地域振興などについて 野田大臣と
議論する予定だ。

今日も早朝から夜まで、
予算委員会三昧だ。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。

==  2018.2.23  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 先程、昨日の録画を見た!何時ながらの舌鋒鋭く分かりやすい質問には感銘しました。しかし、国会は世間の常識が通らない摩訶不思議な世界ですね、同じ人間なのか不信感だけが募る答弁でした??
    大変忙しい中体調管理して頑張って下さい ね、応援しています?

  2. 逢坂先生の今日の分科会では疲労よりも曲げない正義が光っていました。
    今の政権ではデータの改ざん、捏造が日常茶飯事に行われているのだと思わざるを得ません。歪んだ処理の説明にでてくる官僚が次々に嘘をつき通そうとするからです。
    加藤厚生労働大臣も人格を投げ売ってまで「おおむねだとう」と言い張る様子は気の毒にさえ思いましたが、本当に気の毒なのは国民である私達の方です。逢坂先生がわずかでも国民の命を脅かす危険があるのであれば裁量労働制は導入すべきではないと訴えた後、加藤大臣は中身のない抜け殻みたいな答弁をしてまでも裁量労働制を撤回しようとしない様子に、本来あるはずの大臣としての権限がこの人にはないのだと思いました。
    私だって怒りがこみあげてきます。しかし、怒りはあまり健康によくないので寝る前はとりあえずリセットして、また明日がんばりましょう!
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です