徒然日記

18年3月9日 その3850『逢坂誠二の徒然日記』(5547)

昨夜半過ぎから、
都内はきわめて激しい雨になった。

激しい雨の音で、
寝ていられないような状態。

夜中に布団を抜け出して、
外の状態を確かめざるを得ないほどの雨。

今朝、雨は弱まったが、
各地での災害が心配される。

1)森友問題。

財務省の決済文に関し、
財務省の答弁が泥沼状態だ。

決済文書が書き換えられた、改ざんされた、
こんな疑惑が浮上しているが、
それに対し財務省は明確な答弁が全くできない状態だ。

そんな文書がないならば「ない」と
明確に言えば良いのに、「ない」と明言しない。

ならば「あるのか」と問えば、
現在調査中と繰り返すのみだ。

そんな中、毎日新聞が、
別の文書に次の文言があることを報道した。

「本件の特殊性に鑑み」
「学園から早期に土地を買受けたいとの要請を受け」
「学園に価格提示を行う」

これらの表現は国会に昨年提出された開示文書にはない。

文書の改ざん疑惑はともかくとして、
こうした文言が公文書内にあることから、
財務省は森友学園問題に対し、
異例の対応をしたことが分かるし、
価格交渉をしていたことも明らかだ。

最近の財務省の対応を見ていると
森友学園問題が完全に別のステージに入った印象だ。

もう一度問題を整理したい。

====

総理や昭恵夫人の関与があったのか。

直接の関与がないにしても
総理や昭恵夫人の存在によって、
異例の対応となることはなかったのか。

そうした事実を隠すため、
財務省などで、書類の廃棄、隠蔽、
あるいは改ざんがなかったのか。

これらが再度、焦点になる。

しかし一番の問題は、
財務省が意思決定の過程を
明確にできる情報を一切出さなことだ。

情報を明確にしてくれさえすれば、
この問題は一年以上も尾をひくこともなく、
たちどころに解決するだろう。

日本の公文書管理、情報公開は、
今の仕組みでは機能しないことも明らかだ。

====

政府の提出する情報の信憑性が問われる中で、
まともな国会審議は難しい。

しかし与党は、
各種の委員会と本会議を、
与野党の合意なしに職権で開催を決めた。

こんな乱暴な国家審議は、
前代未聞のことだと思う。

安倍政権のもとで、
強行的な国会運営が頻発している。

今日、いよいよ原発ゼロ基本法案を
国会に提出をする。

法案提出後は、記者会見だ。

混乱の国会だが、夜には帰函だ。

久々の金曜日の夜に帰函となる。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.9  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 佐川さんが辞職のようです。やはり自殺者が出たからなのでしょうか。
    これで終わりにならないように野党力を合わせがんばってほしいです。
    しかし逢坂さん、睡眠時間がたりていないようですね。
    お体十分気を付けてください。

  2. 原発ゼロ基本法案を提出して頂き、ありがとうございました。
    逢坂さんがお正月にお一人でこつこつと法案を作り、ネット上でも参加を呼びかけて下さいました。 私には難しくて参加できませんでしたが、応援しつつ成り行きを見守らせて頂いておりました。
    本当にお疲れ様でした。
    これから、幾多の困難が待ち受けているやに聞いておりますが、原発ゼロを願っております。

    当然ですが、核のごみを引き受ける県も無いのに、原発を再稼動させるなど、未来の人々への責任をどの様に考えてるのでしょう。
    稼動していない原発に掛かる費用も過去5年でで5兆円、その費用は電気料金で賄われてるそうで、今迄知らずに払わされてたなんて!!
    原発の事故処理も、私達の電気料金に上乗せされて、徴収されてるようで何か納得いきません。
    クリーンで低コストなはずの原発がは大嘘で、原発が人類にとってどれだけ危険か、日本人なら皆知ってるはずなのにです。欲に目がくらむ人、経済的に困難でリスクに目をつむり受け入れる人、様々ですが、人間と原発は共存出来ないと皆分かってるのに何故・・・

    逢坂さんが今朝、原発ゼロ法案提出なさってすぐに、また粗暴なツイートが一気に来ました。その人達だって、将来原発の事故、原発へのテロ、地震で原発が倒壊して、等々で被災することがありうるのです。何も考えてない人達なんでしょうね。

    真偽の程は分かりませんが、政府に都合の悪い発言や事態が起きると、側近が
    この口汚いツイートをする人達に、行動を起こすように、一斉メールするそうです。

    逢坂さんは、もちろんご存知と思ってますが、指示系統が分かっていても逢坂さんが
    いわれの無い侮辱を受けると、私本当に悔しいです。

    今日、近畿財務局理財部、上席調査官というポストに居た方が亡くなりました。
    多くの国民は、やはり亡くなる方が出たかと、思ってます。
    死因についても、疑ってる方が沢山います。
    それだけ、大きな疑獄事件と思ってる方が少なからずいらっしゃいます。

    逢坂さんのツイッターに的外れな攻撃のツイートがありますが、とんでもないことです。
    逢坂さんは誠心誠意、この国の民主主義を守ろうと、命がけで闘って下さってることを、
    多くの方が分かっています。

    佐川前理財局長が辞任しました。
    今日はびっくりする事が、立て続け起こり私も混乱してます。

    朝日新聞の朝刊一面に「森友文書項目ごと消える」と、また新しい事実がでました。
    昨日は、朝日新聞の報道はフェイクニュースじゃないか等と言ってる記事もありました。
    でも、こんなにはっきりした新しい事実をつかんでるので、ちゃんと裏が取れてると思います。
    情報源は官僚とも言われてますが、情報源を守る為に現物を出さないのでしょうか。
    それとも、出すタイミング、政権に一番ダメージの大きい時を見計らってるんでしょうか。
    いずれにしても、朝日新聞は大好きなので、潰されることになったら一大事です。

    逢坂さんも今日はご苦労して作り上げた原発ゼロ法案提出、その後の重大ニュース、
    一生忘れられない日になるのではないでしょうか。

    この後政治はどうなっていくのでしょうね。

    逢坂さん、立憲民主党、世の中にいろんな事を言う人がいます。
    国民みんなの事を思って、正しい事をしていますので、負けないでください。

    前にもツイートしましたが、また書きます。
    逢坂さんは勿論ご存知でしょうが、少し前に朝日新聞に載ってました。

       三笠宮様のお言葉
      「偽りを述べる者が愛国者と讃えられ、真実を述べる者が売国奴と罵られた世の中に
       私は生きてきた、今でも当てはまるのが怖い」

                             出田

  3. 逢坂先生は今日は函館に帰ってゆっくり眠れそうですか?

    上司の命令に従っただけなのに、その真実が言えないまま職を失い、命まで失う。
    上司は部下のせいにしてのうのうと生き延びようとしている。この人たちはいったい何に従って生きているのかと思います。見えない檻の中でしか生きられない生き物のようです。

    世界に通じる人としての倫理観がこ今の日本には著しく欠落していると思います。
    正義は命を救います。一時は損をしたり馬鹿にされたり笑われたりしますが時間が経てば正義によって守られている自分に気づきます。

    今日は原発ゼロ法案が国会に提出された記念すべき日でもあります。私もブレずに曲げずに進んでいきたいと思います。そこで私の好きな曲を送ります。
    Starting Over – John Lennon
    https://www.youtube.com/watch?v=pZCxyOcvp5A

    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です