徒然日記

18年3月19日 その3860『逢坂誠二 の徒然日記』(5557)

昨日、予定を変更し、急遽、千葉に来た。

今日は、「大間原発訴訟の会」が、
大間原発の建設差し止めなどを求め
電源開発と国を相手に起こした訴訟の判決が、
函館地裁で言い渡される。

裁判長は浅岡千香子氏だ。

2011年の東日本大震災後、
建設中の原発に対する初の司法判断となる。

この判決があるため、
今日は昼までに帰函する。

一方、参院予算委員会では、集中審議が行われる。

森友問題に関し、政府を厳しく追求しなければならない。

森友問題では行政が私物化された可能性が否定できない。

また公文書管理についても大きな穴があることが明確だ。

森友問題の解明のため、
国会に調査委員会などを設置すべきだ。

東日本大震災後、
原子力特別委員会を設置したが、
与党委員長では委員会をなかなか開かない現実がある。

だから森友問題の委員長は、
与党ではなく野党が務めるべきだ。

委員会設置は、与党も反対し難いだろうが、
与党委員長になれば、
委員会の設置が問題解決に努力しているという
隠れ蓑にされかねない。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.19  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 原発反対の声が大きくなってくると、推進派が潰しにかかってくる。
    大間原発の道理が通らない判決理由には
    法務省の政権に対する忖度があったのではないかと思ってしまします。
    経産省は原発の再稼働に躍起になってきているようです。
    文科省は言論弾圧の姿勢を改めようとしない。
    厚労省は「高プロ」の調査をしようとしないし、また「年金」漏れが発覚
    国土交通省は森友値引き決裁文書改ざんの隠ぺいに協力しているようだし
    安倍内閣は取り急ぎ総辞職してほしいです。
    東京都では、また緑の狸が尻尾を出して、デモを抑制するための条例を可決しようとしています。
    今は何が起こるかわからない流動的な状況ですね。

    昨晩は逢坂先生が知事選挙に出るかもしれないという情報を夜中に知ってしまったので寝つきが悪かったです。でも、朝起きたら逢坂先生がデマであるとツイートされていたので安心しました。今日はぐっすり寝むれそうです。
    逢坂先生は北海道だけにとじこめてしまうのはもったいないと思います。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です