徒然日記

18年3月20日 その3861『逢坂誠二 の徒然日記』(5558)

昨日、函館地裁前で、大勢の皆さんと一緒に
大間原発建設差し止め訴訟の判決を聞いた。

浅岡千香子裁判長は、

「建設の見通しが立たない中で、
現時点で重大事故の危険性を認めることは困難」

などとして、原告の請求を棄却した。

完成する前の今だからこそ差し止めに意味がある。

新規制基準について、
「最新の科学技術水準を踏まえ、国際水準からみて、
原子炉事故などの災害防止を図る上で
不合理だとは言えない」と判断。

住民避難計画が実効性を持つか、
審査する仕組みが新基準に
組み込まれていないのは不合理だとする
原告側の主張も退けている。

原発周辺の海底活断層の存在の有無や、 火山の影響、
フルMOX発電の危険性などについては判断を避けている。

結局のところ裁判所としては何も判断していない。

規制委員会に丸投げ状態ともいえる。

これでは裁判の意味はない。

規制員会が繰り返し指摘しているが、
規制基準に適合しても100%安全ではないのだ。

だからこその裁判なのだが、
これでは問題の先送りであり、
原発問題を複雑にするだけだ。

今日午前、
久々に衆院法務委員会が開催される。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.20  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 19.3.2018函館地裁の不当判決に怒りを感じざるを得ません。
    例え少数政党の政策とは言え「原発0法」の立法化を頑張って
    ください。

  2. 佐川さんの証人喚問が決定した事は最良ですね!しかし、野党は新聞報道の資料しか無い見たい、独自の調査資料とか決定打になるような証拠での喚問をご期待しています。最大のチャンスですから!

  3. 財務省は嘘のつじつま合わせに必死で、とうとう引きこもってしまいましたね。
    上司の身勝手で違法な命令に従うことで出世するような、官僚の奴隷養成制度によって、安倍政権は権力を誇示してきて、国民にまで強いるつもりで道徳教育にまで口を出そうとしているのだと思います。とっとと退陣してほしいです。

    今日は、愛媛県議の福田剛議員が立憲に入党とのニュースがありました。私の住む今治市初の立憲民主党議員の誕生にとてもうれしく思いました。今は民進党に離党届を出して受理されるのを待っているところのようです。身近に立憲カフェが開かれるようになればいいのになぁと思います。
    眠くなってきました。
    それではおやすみなさいませ。

  4. この浅岡裁判官、現在は東京家裁の後見センター。成年後見人の監督を後見監督人にお任せでございます。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です