徒然日記

18年3月30日 その3871『逢坂誠二 の徒然日記』(5568)

今日も早朝から様々対応することが多い。

日記に割く時間が確保できず、
こんな時間になってしまった。

====

与党に予算委員会の開催を要求中だが、
なかなか色よい返事がこない。

少しでも可能な時間を確保して、
積極的に議論する姿勢が見られない。

改めて強く予算委員会の開催を
継続して求めることとする。

====

東海村にある東海第二原発の再稼働について、
原発所在地の東海村だけではなく、
周辺の自治体の了解も必要とする
新たな協定が結ばれた。

了解の対象が
周辺の自治体に拡大したのは初のこと。

この意義は大きい。

こうした案件で多数決は馴染まないと思われ、
全ての自治体の納得が必要になるのだと思う。

原発ゼロ基本法案の成立が必須だが、
その前であっても
こうした協定が
全国に広がることを期待している。

さあ今日もブレずに曲げずに

確実に前進だ。
==  2018.3.30  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 函館地裁は「すべての判断停止」これまでの時間を返せと思います。
    森友問題奮闘おつかれ様です。引きつづき家計学園問題にも頑張ってください。
    しかし重要なのは「羽生田」に矢が届かなければ安倍の首は取れません。
    今東京都都議会では、岸記念体育館移転に関する疑惑がくすぶっています。ここでもこの悪党の名前が出てきています。安倍の悪行は内閣府人事局を足場にし、その中心人物「羽生田」をあぶり出しを目指すべきです。

  2. 今まではニュースや新聞で国会議論の結果だけを得ていたのですが、最近、国会Liveをネットで聞くようになり面白くなって職場でずっと聞いています。数が少なくて多数決で結果がわかりきっているとしても、野党議員の真剣に挑む姿勢に私は勇気をもらいます。今日の池田まきさんのスピーチは本会議と委員会で聞きましたが、感動しました。立憲議員はやっぱり筋が通っていていいですね。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です